•   
  •   
  • イヌにもてんかん発作があるの・・・?

イヌにもてんかん発作があるの・・・?

 

「てんかん」というのは、てんかん発作と呼ばれる筋肉が痙攣する不随意発作を起こす病気です。
人間のてんかん発作については知っている人もいますが、イヌのてんかん発作については知る人は少ないかもしれません。

てんかんは脳疾患の一つで、てんかん放電という情報伝達の際に起こる電気的な信号が異常を示すことで起こる神経疾患とされています。

簡単に言うと、脳内のトラブルによって神経伝達がアブノーマルな状態になり体のコントロールが利かなくなる病気であり、発作の原因となる脳の部位が一点に集中しているのか広範囲に広がっているのかによって、症状も様々です。

イヌのてんかんで多い症状というのが、全身が硬直したような状態になってから四肢の痙攣が起こる全般性てんかん発作という症状です。

発作が起こっている最中は、痙攣だけでなく、失禁したり、泡を吹いたり、フラフラになって立とうとしても力が入らないような状態になることもあります。

発作が起こっている時間も数秒から数分程度のの軽いものが多く、回復期にはやたら歩き回ったり水やエサを食べたりするという発作後行動をとることもあります。

ところが、これだけ心配するような症状を示しているにもかかわらず、発作から解放されるとウソみたいに普通の生活に戻ってしまうというのも特徴的です。

脳の神経に原因がある病気ですので、脳腫瘍や脳炎といった脳に病気がある場合に起こるケースもありますが、精密検査をしても脳の異常が発見されないような原因不明の特発性てんかんが多くなっています。

長時間発作が継続するようなことが無ければ、命が危険にさらされるリスクは低いとされていますが、1回目の発作が回復する前に2回目の発作が起こるというように、繰り返し起こるときには結構長い時間痙攣したまま動くことが出来なくなります。

このような場合は、脳内に原因となる病巣が存在していることが多く、後遺症が残ったり命が脅かされたりすることもありますので、病院で適切な治療をしてもらうことをお奨めします。

また、リスクの低い数分で終わるような典型的なてんかん発作であったとしても、目の前で愛犬が倒れて痙攣しだすような状況になればうろたえてしまいます。

てんかん発作が確認されたときに、飼い主にできることは背中をさすって愛犬を安心させてやることくらいしかないのかもしれません。

しかし、嘔吐などを併発した時には喉が詰まってしまうこともあるかもしれませんので、口の中に溜まった異物を取り除くことはできます。

また、ふらつきや転倒に備えて周辺の障害物を排除したりすることで、愛犬の安全を確保することもできます。

長時間のてんかん発作は脳の疾患の可能性が高く、原因となっている脳疾患を特定して治療する必要があります。

一方、リスクの低い特発性てんかんの場合には、原因となる病気がありませんので根本的な治療はできませんが、抗てんかん薬を服用させることで日常的な発作を抑えることも出来ます。

一度でも四肢を痙攣させる状況に遭遇した時には、早急に病院を受診して治療をするなり抗てんかん薬を処方してもらう方が安心できるというものです。

病院を受診する際には、獣医師が見ている前で発作を起こすとは限りませんので、てんかん発作に至るまでの状況、発作の症状、回復までの時間など、可能な限り詳しい情報を獣医師に伝える必要があります。

また、最近はスマートフォンで動画を取ることも出来ますので、発作中の動画を撮影して見てもらうというのはより適切な診断が可能になります。

ちなみに、脳の精密検査では異常が見つからない特発性てんかんは、遺伝的な要素があると考えられています。

イヌ全体で考えるとてんかん発作を起こす発症率は1%に満たない状況ですが、アイリッシュウルフウルフハウンド、ベルジアンタービュレンボーダーテリアなどは10%を超える発症率を示す犬種です。

家庭で飼われているメジャーな犬種では、コッカースパニエルゴールデンレトリバーラブラドールレトリバーコリーウェルシュコーギーシェパードシェットランドシープドッグシベリアンハスキーセントバーナードビーグルプードルダックスフントボーダーコリーボクサーなどもてんかんを発症しやすい犬種としてリストアップされています。

てんかん発作は脳神経系の病気ですので、脳から出される指示が異常になることによる予兆が存在します。

典型的な予兆としては、よだれが多くなったり、落ち着きが無くなったり、活動性に変化が出たりすることがあるそうですが、日ごろから良く観察していることが大切ということになります。

てんかんと似たような症状を示す発作としては、反応性発作ナルコレプシーシェイカー症候群振戦強迫神経症などがあります。

いずれもてんかんのような激しい痙攣を起こすことは無く、歩き方に違和感があったり、転倒したり、何かに怯えるような小さな震えがあったりといった、てんかんの症状を軽くしたような症状があります。

  • 反応性発作というのは、代謝異常に伴って血液中の特定成分が不足することによって起こる発作や腎臓や肝臓の機能の低下に伴う発作です。
  • ナルコレプシーというのは、睡魔に襲われて急に脱力することによって転倒してしまうという睡眠障害です。
  • シェイカー症候群は、理由もなく小刻みに体が震える病気で、歩き方がぎこちない感じになります。
  • 振戦には、頭部が上下左右に小刻みに震える特発性頭部振戦、立ったり座ったりするときに折り曲げた足が震える起立性振戦、並びに、高齢犬が立ち上がるときに後ろ足が震える老齢性振戦がありますが、いずれも命に関わるものではありません。
  • 強迫神経症というのはストレスからくる疾患で、不安を紛らわすために意味の無い行動をを延々と繰り返す病気です。

四肢の痛みがあるときにその場所を舐め続ける、自身の尻尾を追いかけてくるくる回る、目的もなく同じ場所を行ったり来たりする、吠える、おもちゃを与えると空中に放り投げる動作を繰り返すなど、与えられたストレスによってパターンも変わってきます。

四肢を舐めている間はまだ良いかもしれませんが、執拗に舐めたり噛んだりすることで皮膚炎を起こしたりその部分の被毛が抜けてしまったりすることもありますので、早めに対策をした方が良いかもしれません。

日常的なストレスからくる病気という意味では生活習慣病の一つであり、ストレスの原因を取り除いたりストレスに対する耐性を身に着けたりするように躾けることが大切です。

ドッグフードおすすめ比較ランキング

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です