•   
  •   
  • 愛犬の肛門や生殖器の変化から病気を察知

愛犬の肛門や生殖器の変化から病気を察知

肛門や生殖器というのは、イヌを溺愛している愛犬家でもなかなか見ることが無い場所です。

愛犬とのスキンシップを取る場合、背中や顔に触れたり撫ぜたりするのが一般的です。

もちろん散歩のときに、ウンチの出が悪かったり軟便であったりすると肛門を見ることはあるかもしれませんが、生殖器をまじまじと見ることはほとんどありません。

愛犬がメスであれば生理には注意していますし、去勢手術をするタイミングを気にかけていたり、生理のケアを考えて注意していたりするということはあるかもしれませんが、通常は生後1年程度までです。

ちなみに、排尿した後に排尿した部位を舐めるイヌが多いようですが、舐めるという行為は自身の陰部の臭いを確認すると共に危険な雑菌が増殖することが無いように後処理をしていると考えられます。

ただし、排尿もしていないのに舐めるという行為を頻繁にするとなると、陰部にかゆみや痛みといった違和感があるのかもしれません。

炎症を起こしている場合には尿の出も悪くなり、排尿する度に痛みを伴うようになると小刻みに排尿するようなパターンになることもあります。

さて、生殖器の病気はというと、オスであればペニスの先端部が化膿してくる包皮炎という病気があります。

尿が排出される部位ですので、清潔というわけにはいきません。

細菌が増殖するための栄養素は十分ありますので、存在する細菌に病原性があれば炎症から化膿という流れは十分起こり得るということです。

雄犬のペニスは包皮で覆われていますし、長毛の犬種であれば排出した尿で近辺が汚れているということは良くあることです。

また、生殖器付近に内部で腫れがあるようなしこりがあるときには、腫瘍があるのかもしれません。

雌犬の場合の同様の症状には、膣炎があります。

発情期前の膣炎では生殖器の形状から起こる尿による汚染が原因であることが多く、発情期後の膣炎では細菌やウイルスによる感染症が原因となっているようです

形状の奇形によるもので頻繁に膣炎を起こす場合には外科的に対応することになりますが、感染症が原因である場合には患部を洗浄して抗生物質などの抗菌性薬剤を投与します。

次に、肛門付近のトラブルを発生する病気です。

便に血が付いていたり、肛門から便以外のものがはみ出ていたり、肛門が腫れているケースがあります。

血便は消化器系の内壁に炎症や糜爛などが発生しているために出血して起こるもの、で、いわゆる、胃炎や腸炎と呼ばれるものです。

下痢の時に血便が出るというのは良くあるケースで、肛門に近い場所での出血は赤い血が便に混ざりますが、肛門から離れるほど黒ずんだ血液が便に混じることになります。

血便の出る最悪のケースではがんということも考えられますので、血便が続く場合には病院を受診した方が良いでしょう。

また、肛門から見慣れない白いものや赤いものが出ているというときには、注意深く観察するようにして下さい。

白いものが肛門から出ている場合は、条虫と呼ばれる寄生虫が腸内に生息している可能性があります。

人の場合には鮭やマスなどの淡水魚の生食によって寄生するサナダムシが有名ですが、イヌに着く寄生虫は生肉だけでなくノミが感染を媒介するケースもあり、様々な寄生虫が考えられます。

生の肉を食べさせるケースが少ない愛犬の食事を考えると、ノミによるウリザネ条虫と呼ばれる寄生虫の感染の可能性が高いと思われます。

寄生虫は、イヌの腸壁に噛みついて血液から栄養を取ります。

腸内に寄生虫が生息することで食欲が落ち頻繁に下痢をするようになり、栄養不足で体重が減少して毛艶が悪くなる傾向があります。

寄生虫は成長して排便と共に体外に排出されることになりますが、それが肛門から姿を見せる白い異物の正体ということになります。

もちろん、タコ糸などの太めの白い糸くずを口にした場合にも同じような白い異物として肛門から出てきますが、動いているかどうかが大きな決め手となります。

肛門や便の中で蠢く白いものを見つけた時には、出来るだけ早く病院に行く必要があります。

赤い異物が肛門から出ている場合には、脱肛の可能性があります。

便秘が続き、排便の際にいつも苦労して力んでいるイヌに起こりやすい症状ですが、分娩時に力を入れることで直腸が飛び出すケースもあります。

また、高齢化に伴って肛門括約筋が衰えることで、腹圧に押されて腸が飛び出すというケースもあります。

脱肛を見つけた時には、油などの潤滑剤を塗って指の腹で少しずつ押し戻してやることで、格納することが出来ます。

一過性でなく頻繁に起こる場合は何らかのトラブルの可能性もありますので、病院で診てもらう必要があります。

肛門付近で炎症が起こる病気としては、肛門嚢炎という病気があります。

イヌの肛門を中心に時計の4時の方向と8時の方向に肛門嚢という器官が存在します。

肛門嚢内部には肛門腺と呼ばれる分泌器官があり、肛門腺から出された液が肛門嚢に溜められます。

この液はサラサラの液からねっとりした液まで個体差が大きく、マーキングとして利用される体液です。

イヌ同士の挨拶でお尻の臭いを嗅ぐという行動がありますが、肛門嚢に蓄えられている分泌液の臭いを確認していると言われています。

人間が臭いを嗅いでもただ臭いだけですが、イヌにとっての個人情報が満載の体液ということになります。

通常はマーキングする度に排出されますので頻繁に更新されているはずですが、分泌液が長期にわたって肛門嚢に溜まったままになり、細菌が感染して炎症を起こした状態が肛門嚢炎と呼ばれる病気です。

免疫反応に伴う炎症や腫れで肛門嚢炎が進行すると、泣き叫ぶほど痛みがあるそうです。

排便の度に地面にお尻を擦りつけるようなしぐさは肛門付近に違和感がある証拠ですし、腫れによって排便も出にくい状態になりますので、早めに気づいてあげるべき状況です。

初期であれば抗生物質などを投与することで殺菌して治療できますが、そうなる前に肛門嚢に溜まった分泌液を定期的に排出させるケアが大切です。

愛犬との生活が始まって期間が短い方は聞いたことが無いかもしれませんが、肛門嚢に溜まった分泌液を強制的に排出させる作業は肛門絞りと呼ばれています。

自分で愛犬の肛門絞りをする人は少なく、大抵はトリミングのついでにサロンでやってもらったり、獣医師にお願いしたりするようです。

肛門絞りは、肛門を中心にして4時と8時の肛門嚢のある場所から肛門に向かって、指の腹でゆっくり押すように絞り出します。

自分で肛門絞りをするのであれば、綿棒などでチェックして出てきた分泌液の色が赤色や黄緑色の場合には炎症や化膿が起こっているかもしれませんので、病院で診てもらう必要があります。

ドッグフードおすすめ比較ランキング

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です