愛犬がどうしてもドッグフードを食べてくれないときの対処方法

愛犬は生き物ですのでマニュアル通りにいかないということは、これまでにも説明させていただきました。
先に解説したように、食べてくれないドッグフードを調べた時に、開封してから日にちが立っているのであれば未開封のものとチェンジすれば食べてくれることもあります。

元気が無かったり、日中ずっと寝ていたり、あるいは痛そうにしていたり、嘔吐・下痢など、明らかに病気が疑われる症状を伴うようであれば、餌の心配をするよりも動物病院を受診するという決断をすることが出来ます。
ところが、使用しているドッグフードの賞味期限に問題はなく、特に病気を疑うような症状もないのに、これまで与えていたドッグフードを何故か食べなくなるということもあり、そんな時に「どうしたのだろうか?」と心配になる飼い主さんの話を良く耳にします。

犬も人間と一緒でその日の気分で食欲があるときもあれば、無い時もあるかもしれません。
また、夏場の暑い時には食欲も低下しますし、運動不足の時にはお腹も空きません。
さらに、高齢犬になると代謝能力が低下し必要な栄養素が減ってきているために、自らの判断で食べないということもあるかもしれません。
さすがにダイエットのために食べないということはありませんが、食べることが楽しみな愛犬が食べることを恐れるような何かがあるというわけです。
病院に行くほどでもない状況で食べてくれないというのは、飼い主にとって最も判断が難しい状況であるということが言えます。

食の過不足の判断基準は?

ドッグフードの裏書きに記述されている体重当たりの摂取量は目安であって、いつでもその通りというわけではありません。
ドッグフードは人間が愛犬の食を管理するために作った加工品であって、与えているドッグフードの味と量に愛犬が満足しているかどうかというのは別の問題です。
人間と同じで、食の太い細いは個体差が大きく、栄養効率の良い小食の犬もいれば効率の悪い大食の犬もいます。

特に、食べる必要があるのに食べないというのは、エネルギーを節約するために動かない時間が長くなり、散歩に出ることすら億劫になるなど、体が弱ってさらに食べなくなるという連鎖を引き起こすことにつながります。
逆に、もともと食べ過ぎていただけであって、少し食べる量が減ったくらいの方がその子にとってちょうど良い量ということもあるかもしれません。

食の過不足は体重に影響する

食が足りているのかどうかを判断するためのキーとなるのが、何といっても体重です。
かかりつけの動物病院を確保しておけば、病院を受診するたびに体重を測定し、痩せているのか太っているのかを診てくれます。

愛犬を子犬のころから見てくれている獣医師であれば、犬種ごとの理想体重に加えてその子の理想体重も把握できている ということです。
また、病気の診断をするときにも、まず初めに聞かれるのが「餌は食べていますか?」ということからも、犬にとって食べるということがいかに大切であるのかということが理解できます。

体重以外に食の過不足を簡単に見る方法

獣医師に教えてもらったことですが、食が足りているのかを確認するための簡単な方法というのに肋骨を触るという方法があります。

足の付け根から腹部に向かって軽く撫ぜたときに肋骨に触れることができれば食が足りており、強く押さえなければ肋骨に触れない時には太りすぎ ということです。
とはいえ、最初の内は力の加減が分かりませんので、どの程度の力で触れたらよいのかというのはなかなか難しく、理想的な体重のときの触った感触を覚えておくことが大切です。

原因不明の食欲減退はどうすれば良いのか?

愛犬が太っているという時には食べ物を抑える必要がありますが、肥満の原因はドッグフードを食べすぎているというよりも、おやつや人間の食べ物を与えすぎているということが大きな要因となっていることがほとんどのようです。
どんなに欲しがっても与えないという、飼い主の強い姿勢を見せることが大切になってきます。
食べ過ぎは与えなければ済むことですが、問題は食べないために痩せすぎている愛犬にいかに食べさせるかということになります。

ドッグフードを食べなくなるのは飽きてしまったのかもしれません。

愛犬が餌を食べない、あるいは急に食べなくなる理由で最も多いのが、与えられたドッグフードに飽きてしまっているケースです。

家庭の主婦が毎日のおかずに苦労していることからも分かるように、同じおかずが続けば食べる意欲も失われます。
人間ほどではないにしても、毎日、毎食、同じものばかり食べていれば愛犬が飽きるのは当たり前とは思いませんか?
愛犬の健康を考えればドッグフードを用いた栄養管理は大事ですが、それは適正量を食べてくれる時の話です。
食べることができない時には、食べられるように工夫することが大切になってきます。
躾という観点からは甘やかすことは良くないと言う人もおられますが、食べずに痩せて弱ってしまうことを考えると一概にNGというわけではないという考え方もあります。
要は、健康と躾のバランスを考えるということです。

犬の嗜好性を利用して食べるように工夫する

犬が食べ物を認識するときに、匂い、食感、温度、味の順番で考えるということを話しましたが、食べてくれないドッグフードでもトッピングで食べるようにすることができるかもしれません。
チキン、鹿肉、チーズ、鮭、納豆など、多種類のフレークや粉末が販売されています。
チキンベースのドッグフードにチキンフレークのトッピングはあまり意味がないように思うかもしれませんが、ドッグフードに比べるとトッピングは匂いが強いので有効なケースもあります。
さらに、ささみや鶏ムネ肉を蒸したものをほぐして冷凍保存しておけば、チンするだけでいつでも簡単にドッグフードの匂い、食感、温度、味を付け加えることができます。
また、犬の甘みを感じる能力は猫よりも強く、少量の果物やトマトをドッグフードと同じサイズに刻んで混ぜてやると、匂いと味が変化して食いつきが良くなるということもあります。

感を変化させることは難しいですが、生野菜をドッグフードのサイズに刻んで加えたり、豆腐をつぶしてドッグフードに混ぜたりすることで実現することができます。
昆布出汁の煮汁を人肌に冷ました状態のものをドッグフードにかけると、食感だけでなく温度と匂いを加えることができます。
ここでご紹介させていただいたものはほんの一例であり、日常的に用意している家族の食事を味付け前に少し取り置きして利用すれば、愛犬のドッグフードに変化をつけてやることも容易に行うことができます。

参照元:わんちゃんホンポ 犬が餌を食べないときの理由や対策
https://wanchan.jp/osusume/detail/1454

重要な注意点

ドッグフードにトッピングというのは、ドッグフードに飽きた愛犬の食欲をそそるためには有効な方法ですが、注意していただきたいこともあります。
第一には、通常のドッグフードを与えてから、食べないときにトッピングをするのではなく、最初からトッピングを加えたものを餌として与えることです。
ドッグフードを食べるのを止めて要求すれば飼い主が要求を満たしてくれるというように考えるようになっては困るからです。
第二には、自分でトッピングを準備するとき、玉ネギ、ニラ、ネギなどの犬が食べてはいけないものを使用しないことです。
食べてはいけないものは、直接食べることはもちろん、エキス分を食べることもNGです。
味付け前のスープや煮汁を利用するときにも、それらの材料を使用していないことを確認するのを忘れないでください。
もちろん、様々な工夫をする中で、ココアやコーヒー、あるいは、唐辛子やコショウなどの刺激物もNGです。

 

ドッグフードおすすめ比較ランキング

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です