ドッグフードの種類を変えるタイミングと食べなくなる理由

多くの飼い主が悩んでいるのは、「ドッグフードをどれにしたらよいのか?」ということといっても過言ではありません。

というわけで、ここからはドッグフードに関する記事が、しばらくの間続きます。

それほど、愛犬にとって食べるということが大切であるとともに、ドッグフードの種類が豊富で値段もピンキリだということです。

ペットショップから連れてきたときは、ペットショップで使われていたドッグフードを継続して使っている方が多いと思いますが、散歩が始まると運動量も増加して、それに伴って食べる量が増えてくるときがドッグフードを変えてみるきっかけになるかもしれません。

幼犬・子犬用のドッグフードは成長途上にある子犬に必要な栄養素が豊富ですので、あまり変えない方が良いとは思いますが、成犬用、老犬用と年齢が上がるにしたがって必要な栄養素や栄養素の量というのは変わってきますので年齢に合わせてほとんどの人がドッグフードを変えることになります。

同じメーカーのドッグフードであっても、栄養成分の構成が変わる子犬用、成犬用、老犬用では味も匂いも変わっていても不思議なことではありません。

他にも、ドッグフードの種類を変えるタイミングというのは、割とあるものです。

味よりも量という食いしん坊のワンちゃんならば種類を変えても大丈夫というケースは多いのですが、気に入らないエサはお腹が空いても食べないというグルメなワンちゃんに限って、新しいドッグフードには食いつきが悪いということが起こりがちです。

ドッグフードの種類を変えるタイミング

10年以上愛犬と暮らしていると、使っているドッグフードを変えるタイミングというのは何回かあります。

子犬から成犬、成犬から老犬という二つのタイミングは間違いなく起こりますし、愛犬の体調や病気に合わせた健康管理を目的としたドッグフードの変更という場合もあります。

さらに、インターネットやホームセンター、スーパーマーケットなどペットショップでなくてもドッグフードが購入できる店舗は増加していますので、「一度変えてみようかな?」や「キャンペーンやお試しで少量購入できる」ということも理由になっているかもしれません。

もちろん、毎日同じドッグフードでは「飽きてくるのでは?」「愛犬がかわいそう!?」「違った味も試したいのでは?」といった愛犬のことを考えた親心から、ドッグフードの変更を考えている飼い主さんもおられます。

家に来た直後の子犬がドッグフードを食べない?

子犬を家に連れてくると、初めて飼い主の家でドッグフードを食べることになります。

ペットショップで食べていたエサを教えてもらって与えるというのが一般的ですが、食べ慣れたドッグフードにもかかわらず、食いつきが悪いということもあります。

犬は思っているよりも繊細な動物であり、環境が変わってストレスで食事どころではないというワンちゃんもいるようです。

新しい環境に順応できてお腹が空いたら自然と食べるようになりますので、過敏に心配する必要はありません。

2,3日しても食いつきが悪いようなら何かトラブルが発生しているかもしれませんので、動物病院を受診した方がよいでしょう。

子犬から成犬へと変わるときのドッグフードの変更

生後1年でほぼ成犬になると、子犬用のドッグフードから成犬用のドッグフードに変えることになります。

成犬用のドッグフードは、生涯を通じて最も長期間食べるドッグフードとなります。

成長が緩やかになっている成犬では、必要な栄養素は子犬の時よりも少なくなります。

反面、散歩や運動量が多くなっている分だけ食べる量は多くなります。

子犬用のエサを続けていると栄養過多となり、余剰の栄養が体内にストックされ肥満の原因となることもあります。

成犬から老犬へと変わるときのドッグフードの変更

生後10年を過ぎると、老犬用にドッグフードへと切り替えることになります。

老犬の領域に入ると行動が落ち着き、動きが緩慢になることから体重のわりに食べる量は減少します。

代謝能力の低下に伴い必要な栄養素というのも減ってきますので、「食べる」という行動に対する意欲が減少することもあります。

また、高齢犬では様々な健康障害が発生する可能性も高く、肥満だけでなく糖尿病や関節痛、あるいは、消化機能の低下などに合わせた専門食に切り替える必要が出てくることもあるかもしれません。

ドッグフードを変えたときに食いつきが悪いのは?

ドッグフードの種類を変えたときに愛犬が新しいドッグフードを食べてくれないケースは、飼い主を悩ませる相談の中でも一、二を争うと言われています。

新しいドッグフードに変えるときは、食べてくれないことを想定してあまり大きな袋を購入しない方がよいです。

安いからと言って大量に購入して、大変なことになったという話をよく聞きます。

出来れば、動物病院やホームセンターやペットショップにおいてある、無料の試供品を使ったりお試し用の小袋を使ったりして様子を見た方が良いでしょう!
ところで、犬はどのようにして自分の食べ物を決めているのでしょうか?

犬は思ったほどグルメではない

新しいドッグフードを入れた食器に鼻を近づけて臭いを嗅いだだけで、「プイッ」とそっぽを向いてしまうというシーンを眼にすることがあります。

まるで道端においているものの臭いを嗅いで素通りするように、ドッグフードをスルーしてしまうという光景です。
良かれと思って高いドッグフードにしたのに、飼い主にしてみれば「何で?」と言いたくなるような出来事です。

実は、犬の味覚というのは人間よりは劣っていると言われており、食べるかどうかを判断する最も大きな基準は匂いであると言われています。
犬が食べるかどうかを判断する時の基準を順番に並べると、

  1. 匂い
  2. 食感
  3. 温度

の順番になっているそうです。
腐った肉は腐敗臭がしますし、食感も悪くなっています。

また、餌の小動物が死んでから時間が経過したものは、常温になっています。

すなわち、野生においては、味は二の次で新鮮であるということが最も大切であるということを意味しています。

野生時代の習慣で、新鮮なドッグフードをチェックしているというわけです。

ドッグフードに使用されている肉はチキンが多いようですが、牛、豚、羊、鹿などの肉や鮭、マスなどの魚が使われているものもあります。

脂肪分が少ないものやタンパク質を構成するアミノ酸のバランスが良いものなどが、犬の健康を考えて使用されているわけですが、魚を使えば匂いが異なるのは当たり前で鹿肉のように匂いが特徴的という肉もあります。

参照元:わんちゃんホンポ 犬が餌を食べないときの理由や対策
https://wanchan.jp/osusume/detail/1454

初めて食べる肉に警戒しているだけかも?

第一印象が匂いである以上、使用する肉の種類が違うドッグフードを与えられたときに、食べても大丈夫かどうかと警戒するのは当たり前のことかもしれません。

また、犬の嗅覚の鋭さを考えると、肉だけでなく配合されているすべての成分の微妙な匂いの変化を察知しているということも十分に考えられることなのです。

そこで、考えられることは匂いをごまかしながら、新しいドッグフードに慣れさせるという手順を踏むことです。

すべてのエサをいきなり全量交換するのではなく、最初は食べなれたドッグフードに1割程度混合し、2割、3割と徐々に量を増やしていくというわけです。

匂いの変化に気づいたとしても食べ慣れたドッグフードの臭いもありますし、多少の違和感はあっても空腹が勝っていれば食べるようになります。

最初のうちは食べ慣れたものをより分けて食べることもありますが、匂いに慣れてくれさえすれば全量が新しいドッグフードになっても食べてくれるようになるというのが一般的です。

この方法でも食べてくれない時には、本当に味が好みに合わないのかもしれませんので、そのドッグフードはあきらめた方が良いということになります。

ドッグフードおすすめ比較ランキング

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です