【グレインフリー】犬への効果はある?おすすめのドッグフード5選!

ペット先進国として知られる欧米諸国では「グレイン(穀類)フリー」のペットフードを与えることは、当たり前となってきています。近年では、日本でもグレインフリーフードが販売されるようになり、認知度もあがってきました。そんな中「猫は肉食動物だからグレインフリーが適しているけれど、犬はどうなの?」と気になっている方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、獣医師として、犬とグレイン(穀類)の関係グレインフリーフードに期待できる効果などについてお話したいと思います。

おすすめのグレインフリーフードも紹介しているので参考にしてください!

                                                                                                                                       

犬の食事とは

まずは、犬と猫の食事の違いについて考えてみましょう。

みなさんよくご存じのように、猫は肉食動物として進化した動物種で、栄養源として動物性蛋白質を必要とします。実際に野生の猫は、鳥やネズミなどを捕食しており、木の実や草を食べる習慣はありません。

一方、犬は雑食動物として進化した動物種です。雑食動物は動物性蛋白源も必要としますが、木の実や野菜、果物などからも栄養を摂取することができます。

このように肉食動物と雑食動物の食習慣に違いがみられる最大の要因は、消化管(胃や腸、肝臓、腎臓)の機能や構造の違いにあります。

肉食動物は、動物性蛋白質を消化吸収するのに適した比較的短い腸をもちますが、雑食動物は私たち人間も含めて長い腸をもちます。なぜ長いかというと、消化吸収が難しい穀類を摂取する習慣があるからですね。

 

さて、ここで気になるのは犬の腸はどうなのかということです。

犬は、肉食動物の猫よりは長い腸をもちますが、穀類を主食とする人間と比べると短いです。そもそも犬の祖先はオオカミであり、オオカミはほぼ肉食でした。

そのため、現在ペットとして飼育されている犬も、あまり多くの穀類を摂取すると消化不良を起こしてしまいます。

 

グレイン(穀類)が犬に与える影響

グレイン(穀類)が犬の健康に与える影響について、もう少し詳しくみていきましょう。

繰り返しになりますが、犬は私たち人間と同じ雑食動物です。雑食動物は、極論としては「動物性蛋白質」を一切摂取しなくても生きていける動物です。

蛋白源は豆や乳製品などから植物性蛋白質を摂取し、その他炭水化物や脂質からエネルギーを確保できます。

しかし、犬の祖先はオオカミであり、消化管は我々人間ほどの長さはなく穀類の消化などには適していません。

また人間のように、しっかりと噛んで飲み込むという習慣が犬にはなく、ほぼそのまま飲み込みます。そのため、胃や腸への負担が大きくなりがちです。

以上のことから、犬に栄養源として炭水化物を与える場合、米や小麦・トウモロコシといった消化が難しいグレイン(穀類)ではなく、同じ炭水化物でもイモ類やマメ類を与える方が胃腸への負担が減ります。

犬が消化不良を起こした場合には、吐き戻しや食欲低下、さらに腸内に有害ガスが蓄積しやすくなり胃腸炎をまねき下痢などを引き起こすこともあります。

消化不良から、栄養状態が悪化して免疫力が落ちるなど、命に関わる病態を引き起こす可能性もあるため注意が必要です。

 

多くのドッグフードにグレイン(穀類)が含まれている理由

ここまでの説明から、犬の食事には動物性蛋白質や穀類以外の炭水化物が適していることがわかりました。

しかし、実際に販売されているドッグフードの多くは穀類がメインとなっています。それは、なぜでしょうか。

もちろん「穀類」には、炭水化物の他に「水分」「食物繊維」「ミネラル」といった大切な栄養素も含まれています。これらの栄養素を摂取するために穀類が含まれているというのも、一理あるでしょう。

しかし、ドッグフードに「穀類」が含まれている本当の理由は「安価で高カロリーだから」です。

3大栄養素である「炭水化物」「タンパク質」「脂質」のうち、カロリーが高い順に並べると、脂質>炭水化物>タンパク質となります。

「穀類」の代わりにたんぱく質で必要なカロリーを補おうとすると、多くの肉や魚を必要とするため、製造コストがかかりすぎるのです。

こういった理由から、ドッグフードだけではなくキャットフードにも穀類が含まれている現状があります。

 

グレインフリードッグフードとは

そんな中、穀類を含まないグレインフリードッグフードが欧米で注目されるようになりました。

初めは、カロリー摂取を控えたいダイエット犬や、穀物アレルギーのある犬に与える特別食としての位置づけでした。

しかし現在では、オオカミを祖先にもつ犬にとって最も良い栄養源は動物性蛋白質だという考えが広まり、健康な犬にもグレインフリーのフードを与える飼い主さんも増えてきました。

健康で活動量の多い犬の場合、グレインフリーフードでもしっかりとカロリーを摂取する必要があります。そのため、原材料に穀類の代わりとしてイモ類や豆類が含まれているフードを選んであげましょう。

また、これまでのフードから切り替える際は、急激にグレイン摂取量を下げたり、動物性蛋白質の摂取量を上げることは、胃腸への負担がかかります。

2週間(最低でも1週間)かけて徐々にフードを切り替えるようにしてみてください。

さらに、グレイン(穀類)を摂取しなくなったことで、食物繊維やミネラルが不足しないように、野菜や果物なども含まれているフードを選ぶと良いですね。

 

おすすめのグレインフリードッグフード5選!

では、最後に現在日本で入手可能なグレインフリードッグフード(ドライタイプ)をご紹介したいと思います。私のおすすめは、穀類を含まない代わりに野菜や果物が多く含まれているもので、かつ良質な動物性蛋白質を含んでいるものです。

下記におすすめのグレインフリードッグフード5選をまとめました。

 

カナガン(イギリス) 穀類の代わりにサツマイモやエンドウ豆を使用したフードです。動物性蛋白質はチキンのみを使用しており、アレルギー予防に最適なフードでしょう。
モグワン(イギリス) 穀類の代わりに、消化しやすい芋や豆類、カボチャなどを使用しています。とくに豆類は複数種含まれており、植物性蛋白質も豊富に含まれるフードです。動物性蛋白源は、肉と魚をバランスよく配合しており、全体的に栄養バランスに優れたフードでしょう。
ネルソンズ(イギリス) 穀類の代わりにサツマイモやジャガイモ、エンドウ豆などの消化に良い炭水化物が含まれています。
ナウフレッシュ(カナダ) 穀類の代わりに消化に良いジャガイモや豆類を含み、その他20種類以上の野菜や果物を含んだスペシャルフードです。
ティンバーウルフ(アメリカ) 穀類の代わりに、豆類・カボチャ・ビーツ・サツマイモなどの炭水化物を豊富に含む野菜が使用されており、蛋白源としても肉や魚など豊富な素材が使用されているフードです。

 

原産国は、いずれもペット先進国である欧米諸国で、全て人工添加物不使用の安心・安全のフードです。

グレインフリーのドッグフードは日本ではまだ浸透していませんが、欧米ではこれらのフードはごく当たり前に購入され愛犬に与えられています。

日本でもインターネット通販などで入手することができ、じわじわと人気が出始めています。

国産のドッグフードや、ペットショップやホームセンターなどで店頭販売されている大手メーカーのドッグフードには、残念ながらまだグレインフリーのものはあまりありません。

今後グレインフリードッグフードが一般的となり、購入しやすくなると嬉しいですね。

 

【まとめ】グレインフリードッグフード

犬は動物性蛋白質だけではなく、木の実や野菜なども食べる習慣がある雑食動物です。しかし、オオカミを祖先にもつことからもわかるように、腸の構造や機能は肉食動物よりで、グレイン(穀類)を消化するのには適していません。

日本ではまだ浸透していませんが、欧米では犬にもグレインフリーフードを与える飼い主さんが増えています。

グレインフリーフードを選ぶ際のポイントは、①穀類の代わりに消化の良い炭水化物を含んでいること、②食物繊維やビタミン・ミネラルを補給するための野菜や果物がしっかりと含まれていることです。

近年では、日本でも入手可能なグレインフリードッグフードも増えてきているため、消化不良や食物アレルギーで悩んでいる飼い主さんや、ダイエットが必要な愛犬にぜひ試してみてください。

このサイトでは他のおすすめドッグフードについても解説していますので、併せてご覧いただけますと幸いです。

ドッグフードおすすめ比較ランキング

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です