•   
  •   
  • 【ARTEMIS/アーテミスドッグフード】アガリクスの評判は?口コミや原材料から分析

【ARTEMIS/アーテミスドッグフード】アガリクスの評判は?口コミや原材料から分析

飼い主のみなさん、愛犬にはいつまでも若々しくいてほしいと願いますよね。そのために愛犬に最適なドッグフードを選びたいと日々探していらっしゃる方も多いのではないでしょうか?今回ご紹介するアメリカ産の「アーテミスドッグフード」は、最新の研究に基づいた科学的なレシピで犬の健康を支える、日本でも人気が高まっているドッグフードです。

とくに口コミなどでも評判がよい「アガリクス」シリーズは、若さを保つ秘訣が含まれているようです。原材料や栄養成分を確認しながら、その秘密についてお話したいと思います。

 

アーテミスドッグフードの基本情報

プレミアムフードの中では、知名度も高い「アーテミス」はアメリカ生まれのペットフードです。大型のペットショップなどでは店頭販売もされており日本での人気もあるフードですね。大手通販サイトでも取り扱っているため、多くのファンがいるようです。

アーテミスは豊富な商品ラインナップが魅力で、「フレッシュミックス」「アガリクス」「オソピュア」の3シリーズが展開されています。また、原材料は人間が口にできるもの(ヒューマングレード)を使用し、科学的根拠に基づいた健康レシピが採用されています。サプリメントなどで人気の若返りキノコ「アガリクス茸」や、腸内環境を整える「乳酸菌」「発酵菌」などが絶妙なバランスで調合されているなど、獣医師としても興味深いフードの1つです。

「フレッシュミックス」「アガリクス」「オソピュア」原材料のちがいは?

まずは、キャットフードの品質を知る上で最も重要な情報となる「原材料」の違いについてみていきましょう。

フレッシュミックス 『アダルト』 アガリクスI/S 『中粒』 オソピュア

『サーモン&ガルバンゾー』

鶏肉、七面鳥肉、鶏肉ミール、鮭ミール、大麦、全玄米、鶏肉脂肪、オート麦、雑穀、ジャガイモ、乾燥全卵、トマト絞滓、鮭肉、亜麻種子、天然鶏肉香料、鮭油、塩化コリン塩酸塩、乾燥チコリ根、ケルプ、にんじん、えんどう豆、りんご、トマト、ブルーベリー、ほうれんそう、クランベリー粉、ローズマリーエキス、パセリフレーク、ユッカシジゲラエキス、緑茶エキス、大麦エキス、Lカルニチン、エンテロコッカスフェシウム、カセイ菌、乾燥乳酸菌、サッカロミケス 発酵溶解物、乾燥麹菌発酵エキス、ビタミンE、鉄プロテイン、亜鉛プロテイン、銅プロテイン、硫酸鉄、硫酸亜鉛、硫酸銅、ヨウ素酸カリウム、チアミン、モノニトレート、マンガンプロテイン、酸化マンガン、アスコルビン酸、ビタミンA、ビオチン、パントテン酸カルシウム、硫酸マンガン、亜セレン酸塩ナトリウム、ビタミンB6、ビタミンB-12、リボフラビン、ビタミンD、葉酸 フレッシュチキン、ドライチキン、フレッシュターキー大麦、玄米、オーツ麦、黍、えんどう豆、えんどう豆粉、ドライターキー、鶏脂肪、トマト絞り粕(リコピン)、チキンスープ、フレッシュダック、フレッシュサーモン、卵、フラックスシード、サーモンオイル、ドライ魚肉、塩化コリン、乾燥チコリ根、ケルプ、人参、リンゴ、トマト、ブルーベリー、ほうれん草、クランベリー、ローズマリーエキス、パセリフレーク、グルコサミン塩酸塩、L カルニチン、ラクトバチルスアシドフィルス菌、ビフィドバクテリウム ラクティス、ラクトバチルスロイテリ、エンテロコッカスフェカリス EF2001アガリクス、ビタミン E、キレート鉄、キレート亜鉛、キレート銅、硫酸第一鉄、硫酸亜鉛、硫酸銅、コンドロイチン硫酸、ヨウ化カリウム、チアミン硝酸塩、キレートマンガン、酸化マンガン、アスコルビン酸、ビタミンA、ビオチン、パントテン酸カルシウム、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、ビタミンB12、リボフラビン、ビタミンD、葉酸 フレッシュサーモン、ドライサーモン、ガルバンゾー豆(ひよこ豆)、えんどう豆、ヒラマメ、えんどう豆粉、ヒマワリオイル、トマト絞り粕(リコピン)、フラックスシード、チキンスープ、塩、塩化コリン、乾燥チコリ根、ユッカシジゲラエキス、パンプキン、ココナッツオイル、ラクトバチルスアシドフィルス、ビフィドバクテリウムアニマリス、ラクトバチルスロイテリ、ビタミンE、キレート鉄、キレート亜鉛、キレート銅、硫酸第一鉄、硫酸亜鉛、硫酸銅、ヨウ化カリウム、チアミン硝酸塩(ビタミンB1)、キレートマンガン、酸化マンガン、アスコルビン酸、ビタミンA、ビオチン、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、ビタミンB12、リボフラビン(ビタミンB2)、ビタミンD、葉酸

このように書き出してみると、どの商品も原材料は非常に多いことがわかります。サイエンスダイエットなどと同じで、科学アプローチ系のレシピで、ミネラルやビタミンはもちろん、プロテオティウスやプロバイオティクスなどの多くの栄養素が添加されていますね。

最も重要な動物性蛋白源は、「フレッシュミックス」と「アガリクス」シリーズでは、チキン(鶏肉)、ターキー(七面鳥)、サーモン(鮭)がメインとなっています。「オソピュア」シリーズは、サーモンメインとダック(アヒル肉)メインの2種類があります。

 

そして、注目すべき点は「フレッシュミックス」と「アガリクス」シリーズでは穀類は含まれているのに対して、「オソピュア」シリーズはグレインフリーとなっています。

また、商品名にもあるように「アガリクス」シリーズは、原材料に“アガリクス”というキノコが含まれているのが特徴です。アガリクスはβ-グルカンを豊富に含み免疫力を高めたり、若さを保つためのホルモン“IGF-1”を増やす働きがあることが研究でわかっており、若さと健康を保つための食材として非常に注目されている食品ですね。ペットに対しても、皮膚や被毛の状態改善、免疫力強化、認知症予防といったさまざまな効果が期待されています。

その他、いずれの商品も人工添加物などは使用せず、酸化防止はローズマリーなどのハーブでおこなっており、全体的に品質の高さがうかがえます。

 

 

「フレッシュミックス」「アガリクス」「オソピュア」それぞれの栄養分析

 

次に「成分分析表」も比べてみましょう。

フレッシュミックス

『スモールブリードアダルト』

アガリクスI/S

『中粒』

オソピュア

『サーモン&ガルバンゾー』

たんぱく質 25 %
脂質 15 %
100gあたりのカロリー 368.3 kcal
たんぱく質 24 %
脂質 14 %
100gあたりのカロリー 358.9 kcal
たんぱく質 24 %
脂質 14 %
100gあたりのカロリー 360.9 kcal

原材料はそれぞれのシリーズでこだわりが感じられましたが、フード全体の栄養成分は大きな違いはないようです。蛋白質は24~25%、脂質14~15%で非常にバランスがよいです。カロリーは100gあたり約360kcalで、給餌量が少ない割に多くのカロリーを要する仔犬にはあまり適しませんが、成犬であれば全ステージで与えることができるフードだと考えます。

オソピュアシリーズは、グレインフリーのためカロリーが低いことを想定していましたが、穀類のかわりに豆類やカボチャなどの炭水化物を多く含む野菜を取り入れることで、カロリーは他のシリーズと変わらない数値が維持されています。穀類より消化吸収率がよいため給餌量が少なく済みそうですね。

 

「フレッシュミックス」「アガリクス」「オソピュア」それぞれのコスト比較

栄養面では、シリーズごとに大きな違いはないことがわかりましたが、気になるコストはどうでしょうか。5kgの小型犬(成犬)を例に比較してみましょう。

フレッシュミックス

『アダルト』

アガリクスI/S

『中粒』

オソピュア

『サーモン&ガルバンゾー』

1kgあたり約1,922円)

約230円/120g(日)

1kgあたり約1,900円)

約228円/120g(日)

1kgあたり約2,151円)

約215円/100g(日)

1kgあたりの価格は全シリーズがほぼ同価格帯です。ややオソピュアが高い価格設定となっていますが、先ほど栄養成分のところで説明しましたように消化吸収率の高さからか給餌量が他と比べて少ないです。そのため、同じ体重の成犬であれば1日あたりのコストは最も安くなります。

3シリーズともコストの差はほとんどないため、飼い主さんがこだわりたいポイント(グレインフリーや免疫力強化成分など)や、愛犬の好みに合うフードを選んであげると良さそうですね。

 

アーテミスドッグフードの口コミ分析

では、最後に実際に愛犬にアーテミスドッグフードをあたえている飼い主さんたちの口コミを確認してみましょう。大手通販サイトの楽天市場やAmazonにて、多くの口コミがございましたので獣医師目線で分析したいと思います。

スモールブリードアダルトの口コミ

★★★★★ 食物アレルギーで耳が赤くなってからこれに変えていますが、糞の状態もよく、赤くなることもなくて助かっています。(楽天市場)

★★★★★ アレルギーの皮膚病で医者から勧められたオメガ3が含まれていて、防腐剤や悪い油が入ってない様なので選びました。(Amazon

★☆☆☆☆ 我が家の犬には不評でした。味かなぁ。なんでも食べるのに食いつきが悪かったです。(Amazon

アガリクスI/S(中粒)の口コミ

★★★★★ アーテミスアガリスクに代えてから、家の犬の糞の匂いも、和らぎ、毛艶も良くなりました。又、ドッグフードの中でも安心と価格を総合的に見ても、大満足です。(楽天市場)

★★★★★ 皮膚が弱くフケ症でしたがこちらのゴハンにして改善できています。それから口臭が少なくなりました。便の匂いも少ないです。(楽天市場)

★★☆☆☆ カロリーも多い上1日の量も多いため、体重も増加してしまいました。リピはないです。(楽天市場)

★★★★★ 胃腸が弱い子ですぐひどい胃腸炎になってしまうので 自己免疫力アップ 腸内環境を整えると謳い文句に惹かれこちらに変えました。涙やけがなくなり 毛づやもよく 毛が柔らかくなり 便も毎回いいものが出ます。こちらにしてから 胃腸炎を起こさなくなったので合ってるのだと思います。(Amazon

 

【コメント】

ほとんどの口コミが大変好意的なものばかりで、人気の高さがうかがえました。その中でも、皮膚のアレルギー症状が改善したというものや、便や口臭などのにおいが軽減したという意見が目立ちました。原材料をみても、アーテミスは「アガリクス」を配合したり、グレインフリーで食物アレルギーに対応したりといった、免疫力強化とアレルギー軽減にこだわっているフードという印象があります。また腸内環境を改善するためのプロバイオティクスなどもバランスよく配合されていて、便臭の改善につながっているものと考えられます。

一方、やや不満という口コミではカロリーが高くて体重が増加したというものや、食いつきが悪かったというものがありました。以前使用されていたフードがどういったものかわからないのですが、数値としてはアーテミスドッグフードのカロリーはごく一般的で決して高いとは感じません。活動量の低い愛犬に与える場合などは、少し給餌量を調整するとよいかもしれませんね。食いつきについては、酸化防止剤としてハーブなどが使用されているため、嗅覚のするどい犬にとっては好みではない場合もあるかもしれません。まずは少量からお試ししてみると良いでしょう。

【まとめ】アーテミスドッグフードの総評

アーテミスドッグフードは、「フレッシュミックス」「アガリクス」「オソピュア」の3シリーズがあり、いずれもこだわりの原材料でつくられた科学的根拠の高いレシピに基づいた商品です。口コミでも評判が高く、とくに皮膚アレルギーや涙やけなどの対策に効果が期待できそうです。コストパフォーマンスも高く、アレルギー症状でお悩みの飼い主さんにはぜひ一度試していただきたいフードの1つです。

本サイトでは犬の健康を配慮したドッグフードの選び方なども解説していますので、併せてご覧いただけますと幸いです。

ドッグフードおすすめ比較ランキング

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です