【Dr ケアワン】お試しできる?口コミは?獣医師が徹底評価!

みなさん、突然ですが「動物栄養学博士」ってどういったお仕事をされている方かご存知ですか?

実は本日紹介するドッグフード「Dr ケアワン」は、“獣医師”ではなく“動物栄養学博士”が監修したフードです。

「獣医師よりもワンちゃんの栄養に詳しい」という説明付きで広告がされているので、獣医師としては少し気になってしまいました。本日はそんなちょっと気になるドッグフード「Dr ケアワン」について解説したいと思います。

「Dr.carewan(ドクターケアワン)」の基本情報

まずは「Dr ケアワン」の基本情報からみていきましょう。
Dr ケアワンは、冒頭でご紹介したように日本人動物栄養学博士の監修でつくられたドッグフードです。

それだけでなく、国産で無添加、人間も食べられる素材のみで作っているという安心安全へのこだわりが、大きな売りとなっているようです。

さらにペットショップなどの店頭販売はもちろん、通販サイトでも購入することはできず、公式サイトのみで入手可能な超少量生産・販売型のドッグフードです。

また、商品は1種類のみで全成長ステージの犬に与えることができるとのことです。

 

「Dr.carewan(ドクターケアワン)」の原材料

さて、私が獣医師として最も気になっていたのは、もちろん原材料です。動物栄養学博士が監修したレシピとは、いったいどういった原材料で構成されているのでしょうか。下記に、Dr ケアワンの原材料を全て書き出しました。

 

鶏肉、大麦、玄米、ビール酵母、かつお粉末、しいたけ、黒米、赤米、大根葉、ごぼう、人参、昆布、むらさき芋、かぼちゃ、ブロッコリー、グルコサミン、コンドロイチン、キャベツ、白菜、高菜、パセリ、青じそ、卵殻カルシウム、ビタミンE

 

このように書き出すと、他のフードと比べて使用されている原材料の種類が非常に少ないことが特徴的ですね。
そんな中で、最も多く含まれているのは「鶏肉」です。鶏肉は蛋白質と脂質のバランスがよく良質な動物性蛋白源として、プレミアムフードにはよく使用されている肉類です。若鶏に拘っているようで、必要なミネラルやアミノ酸をしっかりと摂取できると考えられます。

2番目以降は「大麦」「玄米」と穀類が続きます。さらに「黒米」「赤米」も含まれており、フード中の穀類の占める割合が比較的高い印象をうけますね。

犬は雑食動物のため穀類を抜く必要はないという考えも多く、とくに小麦やトウモロコシなどの安価で栄養価も低く消化しづらい穀類と比べて、厳選された穀類のみを使用していることは感じられます。大麦は食物繊維が豊富で、玄米はビタミンも豊富です。また、珍しい黒米や赤米は、ポリフェノールなどの抗酸化物質を含む穀類です。

その他の原材料は、イモや野菜(根菜や葉物)に、いくつかの栄養素が添加されているだけとなります。「グルコサミン」「コンドロイチン」は関節を構成するアミノ糖ですし、「ビタミンE」は抗酸化作用をもつことで知られており、いずれも若さを保つのに効果的な栄養素が添加されています。

最も気になっていた原材料を確認した感想は、全体的にプレミアムフードとしてよく使用されている素材からできており、他のフードとそれほど差はないといった印象です。しかしながら、大きく違うのは添加物が極端に少ない点です。ビタミンやミネラルの添加がほぼなく、必要な栄養素は全て原材料そのものから摂取するというレシピになっています。こういった点はさすが「動物栄養博士」や「ペット健康管理士」の監修でつくられたフードだなと感じる点です。

実は、獣医師は科学的知見に基づいたレシピを考えるあまり“栄養素の添加”が多いレシピを考案しがちです。

一方、この「Dr ケアワン」はまるでペットの食事を素材から手作りするような材料のみのレシピになっています。必要なビタミンやミネラルを、なるべく自然な形で摂取できることを意識されているようで、良いですね。

 

「Dr.carewan(ドクターケアワン)」の評判

それでは、ここからは実際に「Dr ケアワン」を与えている飼い主さんの口コミを確認してみましょう。

■公式サイトの口コミ紹介

先ほども触れましたが、Dr ケアワンは店頭通販や大手ネット通販では販売されておらず、公式サイトでの購入となります。そのため口コミも公式サイトに載っているもののみ確認出来ます。この点は、「楽天」や「Amazon」などに投稿されている口コミと比べて、やや信頼性に欠けてしまいますね。公式サイトに記載されている口コミというのは、「良い口コミ」だけを抜粋している可能性が高いからです。
ひとまず、公式サイトに記載されていた飼い主さんの声を、そのままご紹介します。

➀まず、開けたときの匂いに驚きました。ドッグフードはだいたい特有の匂いがしますが、こちらは臭くなく穀物のような良い香りがしました。
②季節の変わり目で毛艶がちょっと悪かったんですが、毛艶がもの凄く良くなりました。うん〇もコロコロで掃除しやすく、緩くなりがちだったのがピタリと止まりました。
③素材そのものの香りと味がして ワンコの体には良いものが入っているのが良くわかりました。
④まずフードの袋が空気が圧縮密封されてるのが良いと思いました。袋を開けた時に、かつおの良い匂いがして、人が匂っても美味しそうに感じました。愛犬的にもおいしそうな匂いと思ったのか、食いつきもすごく良かったです。
⑤あんなにエサで苦労したのが嘘のようにモリモリ食べて満足していました!

 

■「Dr.carewan(ドクターケアワン)」の口コミ分析と評価

上記にてご紹介した口コミをみていただけるとわかるように、やはり公式サイトに掲載されている口コミということで、良い意見のものしか見当たりませんでした。

この手の口コミでは、実際にフードを試した飼い主さんのうちの、ほんの一部の意見であるということは忘れないようにしましょう。また、悪い意見も中にはあるかもしれないということも念頭に読んでくださいね。

さて、今回掲載されていた口コミから見えてきた特徴としては、「風味がよくて食いつきがばっちり!」「便の状態や毛艶がよくなった!」というのが、主な評価ポイントとしてあがっていました。

まず「風味の良さ」は、添加物を含まず良質な素材を生かしたフードであることが何よりの理由でしょう。口コミ①の「穀物のような良い香りが・・・」という飼い主さんのコメントにあるように、動物性蛋白質や脂質がそれほど多くないために、ドッグフード独特の肉や油臭さはなく、さわやかな香りがするようですね。

一方、「健康状態がよくなった」理由については、穀物や野菜でしっかりと食物繊維を摂取させることで腸内環境をよくしていると考えられますし、さらに良質なアミノ酸や脂質が含まれていることによって、毛艶がうまれるなど健康改善効果が期待できると言えます。

「Dr.carewan(ドクターケアワン)」のコストパフォーマンス

最後は、ここまで拘りをアピールしてきた「Dr ケアワン」について、コストパフォーマンスについて考えていきましょう。

800g:3,000円+税

Dr ケアワンは、内容量800gという非常に少量タイプのパッケージです。体重3kgの小型犬や子犬の場合は、1日あたりのコストが約300円(80g分)となり、なかなかの高価なフードといえます。さらに、中型犬10kgでは1日あたりのコストは約620円(170g分)まで跳ね上がります。
なお、初回購入の際は2,480円となり、送料も無料でお得です。また、まとめ買いによる割引サービスなどもあるため、コストパフォーマンスが気になる人は検討してみると良いでしょう。

ただし、Dr ケアワンはいずれも新鮮な原材料を使って、保存料などを一切使っていないフードです。長期保存には向かないため、まとめ買いのしすぎにはご注意ください。

 

【まとめ】「Dr.carewan(ドクターケアワン)」の総評


Dr ケアワンは、国内製造でヒューマングレードという安心・安全なドッグフードです。
動物栄養管理博士が監修したレシピでは、原材料には余計なものは一切含まれておらず、自然な形でビタミンやミネラルなどの必要な栄養素が摂取できるレシピとなっています。また、多くの穀類が使用されている点についても、消化吸収のしやすさや、ビタミンや食物繊維といった重要な栄養素を摂取できるように工夫して配合されていることがわかりました。

気になった方は、まずは初回特典を利用して、ぜひDr ケアワンを愛犬に試してみてください。
このサイトでは他のおすすめドッグフードについても解説していますので、併せてご覧いただけますと幸いです。

ドッグフードおすすめ比較ランキング

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です