•   
  •   
  • 最高級グレインフリーのドッグフード「カナガン」の成分・原材料分析と口コミ・評判

最高級グレインフリーのドッグフード「カナガン」の成分・原材料分析と口コミ・評判

 

カナガンのドッグフードの最大の特徴が、穀類どころか穀類に豊富に含まれるデンプン(スターチ)という炭水化物も使用していない、いわゆる穀物不使用のグレインフリーという点にあります。

 

トウモロコシ、小麦、大麦といった穀類に含まれる炭水化物であるデンプンは、栄養素として利用しにくいだけでなく、穀類に含まれるタンパク質が胃腸障害や皮膚病に関連するアレルギーの原因となりやすいということに、こだわりを持ったドッグフードがカナガンのドッグフードである「カナガンチキン」です。

カナガンの歴史の特徴

カナガンの開発者であるエディー氏は、大手企業におけるドッグフードの開発においてコスト削減のために穀類で増量し品質が劣化することに憂いを感じ、真に高品質なドッグフード造りを目指して自ら会社を設立しました。

そして、20年以上をかけて様々なドッグフード市場を調べた中で辿りつくことが出来たグレインフリーという結論のもと、イギリス原産の厳選された原材料をオリジナルの配合で贅沢に使用したドッグフードを造り出しました。

一般的に、オオカミが家畜化されて飼い慣らされたのがイエイヌ、すなわち、ペットのイヌであると考えられています。

オオカミというのは一般的な呼び名で、北半球に広範囲で分布するタイリクオオカミが様々な大陸の環境に合わせて繁栄したタイリクオオカミの亜種に分かれています。

すなわち、それぞれの大陸でタイリクオオカミから進化したイエイヌが存在します。

タイリクオオカミは肉食であり、主にシカやイノシシなどの有蹄類、齧歯類などの草食動物を餌として生命を維持しています。

ただし、エサが少なくなると人間の生活圏に現れて、人間が飼っている家畜や残飯を食べることもあります。

すなわち、タイリクオオカミは飢えを凌ぐために、人間の食べ残した残飯に含まれる穀物を食べることはあっても、本来は肉食であり健全な成長には肉由来の栄養素が必須であるということです。

ペットとして人と共存するようになったといえども、もともとは野生で暮らし、肉由来の栄養素を欲するタイリクオオカミを祖先に持つイヌのためのドッグフードに、穀物を使用しないというのがベストである、というのがカナガンのベースになる考え方です。

とはいえ、人と一緒に生活するための進化の過程で、イエイヌも栄養素として多少の炭水化物を利用することが出来るようになっていますので、アレルギーの心配がほとんどないイモ類の良質な炭水化物を配合しています。

すなわち、カナガンのドッグフードは、穀物完全不使用のレシピによって愛犬がアレルギーの心配なく、安心して食べることが出来る高品質な原材料を厳選して使用しています。

 

原材料に対するこだわり

人間が食べても美味しくいただくことが出来る新鮮な食材を贅沢に使用し、オーソドックスなドッグフードに不足しがちなタンパク質を強化したドッグフードになっています。

また、ドライのドッグフードになると飛散してしまう、肉の香りや旨味はイギリス料理のソースとして使われるチキングレイビーによって補われていますので、犬種や年齢に関係なく食いつきの良いドッグフードになるように配慮されています。

粗タンパク質 33.00%
粗脂肪 17.00%
粗灰分 9.00%
粗繊維 3.50%
水分 8.50%
エネルギー 361.25kcal/100g

使用されている肉は、蒸し焼きにした消化吸収性の良い生の骨抜きチキンのミンチに、高タンパクの乾燥チキンが配合されています。

チキンは免疫力を高める効果が期待できる、セレンを豊富に含む低脂肪・高タンパクの肉原料です。

鶏肉には、放し飼いで飼育されたストレスの少ない平飼いという方法で飼育された、イギリス最高級のものが使用されています。

当然ながら、人が食べても美味しくいただける新鮮かつ高品質な鶏肉が使用されています。

さらに、高品質な消化吸収性の良いタンパク源である乾燥全卵が補充されています。

結果的に、通常のドッグフードでは粗タンパク質の推奨割合は25%以上とされているのに対し、カナガンのドッグフードは肉の配合割合を増やし33%と高い値になっています。

また、効率的にエネルギーを供給できる炭水化物として、サツマイモが配合されています。サツマイモに含まれている炭水化物は、血液中に糖質を徐々に供給することによって時間をかけて消費されます。

炭水化物の消化能力の低いイヌでも持続性のあるエネルギー源として、走り回る犬としての活動を維持してくれます。

また、抗酸化活性の高いビタミンCや食物繊維も豊富で、愛犬の健康を維持するのに役立ちます。

さらに、配合されている良質なタンパク質を効率的に利用するためのビタミンやミネラルは、えんどう豆ニンジンリンゴクランベリーホウレン草アルファルファジャガイモ海藻などを配合することによって供給されます。

サプリメントとしては、

天然成分だけで賄いきれないビタミンA、D3、E

ストレス緩和や免疫力の向上につながるマリーゴールドカモミールなどのハーブ類

関節に良いグルコサミンコンドロイチン

毛並みと健全な皮膚をケアするためのリノール酸が豊富な鶏脂やω3系脂肪酸を豊富に含むサーモンオイル

腸内の善玉菌を増やすフラクトオリゴ糖や整腸作用のあるオオバコセイヨウハッカ

なども含まれています。

品質に対するこだわり

イギリスのペットフード業界で最も信頼されている「GAペットフード・パートナーズ社」のSAIGLOBAL(国際規格)のランクAの認定を受けた工場で、必要量のドッグフードを新鮮なまま供給できるように少量のロットで生産しています。

製造ラインは、異常事態をすぐに検知し対応できるように常時モニターされています。

出荷された製品や原材料の品質管理も入念に行われており、愛犬の健康に有害な物質が含まれていないことは当然ながら、栄養成分の過不足も起こらないように徹底管理されています。

さらに、販売されて顧客の手元に渡った後も、何らかのトラブルがあった時には製造時まで立ち戻って、トラブルのあった商品の原材料の分析結果までチェックできるように記録が整理されています。

まるで、医薬品のミニチュア版のような品質管理システムです。

 

ドッグフードおすすめ比較ランキング

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です