•   
  •   
  • オリジンドッグフードは肝臓に悪い?種類や原材料、口コミを獣医師が分析!

オリジンドッグフードは肝臓に悪い?種類や原材料、口コミを獣医師が分析!

良質なドッグフードとして人気の高いオリジンドッグフード

日本国内では店頭販売はほとんどなく、ネット通販などで購入できます。このような通販サイトには多くの口コミが載せられており、口コミ内容を参考に購入されたり、不安になって購入を辞めたりしている方も多いのではないでしょうか。
しかし、犬は犬種によって体格や活動量が異なり、個体差が非常に大きい動物です。皆さんの飼い犬に本当に効果があるのか、適しているのかという点は、獣医師などに相談するか、実際に数か月程度与えて健康状態を確認してみないと判断できないのが現実です。

そこで今回は、人気のオリジンドッグフードについて、基本情報から評判(口コミ評価)、原材料、コストにいたるまで、獣医師目線で詳しくまとめてみました。参考にしていただけると幸いです。

 

オリジンドッグフードの基本情報

製造会社や原産国

ペットショップなどの店頭ではあまり見かけない「オリジンドッグフード」。好意的な口コミが多く良いフードという印象が強いせいか、実際に製造販売会社や原産国などの基本情報を知らずに購入されている方も多いのではないでしょうか。

「オリジンドッグフード」はカナダのチャンピオンペットフーズ社によって、製造販売されているペットフードです。製造自体はアメリカにある自社キッチン「DOGSTR(ドッグスター)キッチン」で行われており、メインの原材料もアメリカの契約農家や漁師から仕入れた新鮮な肉や魚を使用しています。
この自社キッチン「DOGSTAR」は、何と国際基準であるSafe Quality Food(SQF:食品安全品質)とセーフフィード/セーフフード(SFSF:安全な食品/安全な飼料)の認証を取得しており、もちろんヒューマングレード(人が口にできるレベル)の素材のみを扱っているキッチンです。

したがって、「オリジンドッグフード」は、ペット先進国のカナダのメーカーが考案したレシピをもとに、アメリカにある自社キッチンで製造されている、まさにプレミアムなフードであることがわかります。
国産ではなく輸入品のため、Amazon等のネット通販で購入することができます。なお、輸入代理店として「アカナファミリージャパン株式会社」が正規品を販売しています。

 

オリジンシリーズの種類や特徴

オリジンドッグフードには、スタンダードシリーズスペシャル配合シリーズがあり、それぞれ3種類の商品ラインナップが用意されています。下記に、それぞれの商品の特徴について簡単にまとめました。

 

  商品名 説明
スタンダード

シリーズ

オリジナル 家禽肉と魚をバランスよく配合した、最もスタンダードなフード。
シニア オリジナルと比べて原材料はほとんど変わりないが、野菜の比重が多くなり脂質含有率が抑えられている。
パピー オリジナルと比べて原材料はほとんど変わりないが、レバーなどの高脂質な素材の比重が多いのか、脂質含有率が20%と高い。
スペシャル

シリーズ

フィット&トリム 肉と魚を高配合し、脂肪と炭水化物を極限まで減らしたフード。
6フィッシュ 動物性蛋白源は6種類の魚のみで、肉を含まないフード。
レジオナルレッド 日本ではあまり馴染みがないアメリカの地元の肉を高配合したフード。

 

価格はスタンダードシリーズの方が若干安く設定されているようですが、ほとんど差はありません。

スタンダードシリーズは、仔犬期、成犬期、シニア期と全成長ステージで与えることができるように用意されているので、とくに問題がなければスタンダードシリーズを与えると良いでしょう。
肥満気味の犬にはフィット&スリム、肉アレルギーがある犬には6フィッシュがおすすめです。

レジオナルレッドは、日本でああまり馴染みのない肉を使用しているため、好みがわかれるかもしれませんね。

 

オリジンドッグフードの口コミ

初めに少し触れましたが、ネット通販で販売されているということは多くの口コミが載せられています。ここからは、実際に「オリジンドッグフード」を与えている飼い主さんの口コミを確認していきましょう。獣医師目線で厳しく分析していきたいと思みます。(参考:Amazon カスタマーレビュー)

オリジンドッグフード「スタンダードシリーズ」の口コミ

★★★★★ 白のトイプードル 涙やけがすぐ出る子でしたが オリジンを食べるようになってから 涙やけがなくなりました。ずーと オリジンを食べさせたいです。(オリジナルの口コミ)
★★★★★ 粒は若干大きいですが硬くないので喉に引っかかる心配はなさそう、これが好きなようで美味しそうに食べます。カロリー高めで少し太ったかな。(オリジナルの口コミ)
★☆☆☆☆ 国内向けになって価格が高騰し、ペットフードをこちらから別のものに切り替えました。物は悪くないのですが、国内向けとしただけでこれだけ値段が跳ねあがる(現地価格みると途方にくれます)のはいただけない。(オリジナルの口コミ)
★☆☆☆☆ 与えてから病気という病気はありませんが、肝臓が…血液検査をすると、GOTの数値がどんどん高くなり、調べるとオリジンは肝臓を悪くするとありました。(オリジナルの口コミ)
★★★★★ 我が家の老犬チワワのお気に入りです。以前はロイヤルカナンを食べていましたが、心臓サポート用のため、たびたび餌箱をひっくり返していましたが、これはすごい食いつき。難点は一粒が大きいこと。いつもハサミで切って与えています。(シニアの口コミ)
★★★☆☆ アカナパピーと併用して愛用してたんですが、高たんぱく質が合わなかったのか?血液検査の結果、肝臓の数値が高くなってしまいました。ドッグフードを変えたところ、正常値に戻りました。うちは、運動は朝夕の30分の散歩ぐらいなので、合わなかったのかもしれません。(パピーの口コミ)

 

オリジンドッグフード「スペシャルシリーズ」の口コミ

★★★★★ 虚勢をした後食欲が旺盛になって急に太ってしまい肥満を抑えるドッグフードを色々試しましたが一番食いつきが良くてお皿にあんまりべたつかないので皿洗いも簡単になりました。(フィット&トリムの口コミ)
★★★★★ オリジナルだと太ってしまう我が家の愛犬 カナダからアメリカ製となって本品を見つけて試した所 オリジナルと同じ量で体重がお落ち始め 今は、医師からも褒められます。(フィット&トリムの口コミ)
★★★★★ オリジンにしたところ、まるでおやつをもらったように食べます。少しアレルギー持ちでお魚が大好きなので毎日お刺身をチンしてあげていました。この6フィッシュドックはアレルギーにもよさそうだし長かったけどやっとたどり着いた感じです。(6フィッシュの口コミ)
★☆☆☆☆ リニューアル前は長年愛用していました。リニューアル後は下痢ぎみになりました。(6フィッシュの口コミ)
★☆☆☆☆ 以前はよく食べていたのですが、改良されてからは食いつきが悪くなり下痢になることも多くなりました。(6フィッシュの口コミ)
★★★☆☆ 袋もしっかりしていていい感じではありますが、ワンコの食いつきは微妙です。(レジオナルレッドの口コミ)

【口コミ分析】

オリジンの口コミは、品質や食いつき等に関しては、★4~5つの良い評価が多い一方、価格や袋の仕様などでのマイナスポイントも大きいようです。このあたりが輸入品かつ大量生産のデメリットともいえる点でしょう。
まず、高評価の口コミでよく見られた評価ポイントは「食いつきの良さ」と「アレルギーの改善」です。


オリジンは、グレイン(穀物)フリーであることに加えて炭水化物が豊富な野菜や果物も控え、野生の犬がとる食事を可能な限り再現したレシピになっています。そのため食いつきの良さはもちろん、犬本来の健康を維持することができることで、便の状態や毛艶にも良い変化が表れるのでしょう。

一方、★が少ない口コミでは、製品の仕様や価格以外で気になったマイナスポイントは「肝臓の数値が悪くなった」と「便がゆるくなった」です。
まず肝臓の数値について少し詳しく説明しておきます。肝臓の数値というのは、AST(GOT)やALT(GPT)といった数値のことをいいます。これらの数値が上がっているということは、肝細胞が障害を受けていること示唆しています。口コミでは、「高蛋白が合わなかったのか」という考察をされている飼い主さんもいらっしゃいましたが、通常食事が原因で肝臓の数値があがるのは「高脂質」が原因のことが多いです。
一方、食事が原因で便が緩くなるのは、「高蛋白」や「高脂質」が原因となることもあります。その他にもフードに含まれる何らかの素材が合わなくてアレルギーを起こしている可能性なども考えられます。
動物性蛋白質に富んだ「高蛋白」で「高脂質」なフードというものは、犬の食欲を掻き立てるフードである一方、筋肉量が少ない犬種や、活動量が低い環境にいる犬では摂取蛋白や脂質が過剰になってしまうということが、口コミからも読み取れますね。

 

オリジンドッグフードの原材料や栄養成分

まずは最も重要なポイントである原材料と栄養成分を確認していきましょう。下記に、日本でよく流通している2商品の原材料と栄養成分を書き出しました。

 

オリジナル 6フィッシュ
新鮮鶏肉, 新鮮七面鳥肉, 新鮮イエローテイルカレイ, 新鮮全卵, 新鮮丸ごと大西洋サバ, 新鮮鶏レバー, 新鮮七面鳥レバー, 新鮮鶏心臓, 新鮮七面鳥心臓新, 新鮮丸ごと大西洋ニシン, ディハイドレート鶏肉,ディハイドレート七面鳥肉, ディハイドレート丸ごとサバ, ディハイドレート鶏レバー, ディハイドレート七面鳥レバー, 丸ごとグリーンピース, 丸ごとシロインゲン豆, 赤レンズ豆,新鮮チキンネック, 新鮮鶏腎臓, ピント豆, ヒヨコ豆, グリーンレンズ豆, 鶏肉脂肪, 天然鶏肉風味, ニシン油, 粉砕鶏骨, 鶏軟骨, 七面鳥軟骨, ドライケルプフリーズドライ 鶏レバーフリーズドライ 鶏レバー, フリーズドライ 七面鳥レバー新鮮丸ごとカボチャ, 新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ, 新鮮ケール, 新鮮ホウレン草, 新鮮カラシ菜, 新鮮コラードグリーン, 新鮮カブラ菜, 新鮮丸ごとニンジン, 新鮮丸ごとリンゴ, 新鮮丸ごと梨, カボチャの種, ヒマワリの種, 亜鉛タンパク化合物, ミックストコフェロール(天然酸化防止剤), チコリー根, ターメリック, サルサ根, アルテア根, ローズヒップ, ジュニパーベリー, 乾燥 ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物, 乾燥 プロバイオティクス発酵生成物, 乾燥 ラクトバチルスカゼイ発酵生成物 新鮮丸ごと大西洋サバ, 新鮮丸ごと大西洋ニシン, 新鮮丸ごと大西洋カレイ, 新鮮丸ごとアカディアンレッドフィッシュ, 新鮮大西洋アンコウ, 新鮮丸ごとシルバーヘイク, 乾燥丸ごとサバ, 乾燥丸ごとニシン, 乾燥 アオギス, ニシン油, 丸ごとグリーンピース, 丸ごとシロインゲン豆, 赤レンズ豆, 乾燥 スケトウダラ, 乾燥 アラスカポロック, ヒマワリ油, 丸ごとイエローピース, 丸ごとピント豆, 丸ごとヒヨコ豆,丸ごとグリーンレンズ豆, レンズ豆繊維, 天然魚風味, ベニバナ油,フリーズドライ タラレバー, 新鮮丸ごとカボチャ, 新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ, 新鮮ケール, 新鮮ホウレン草, 新鮮カラシ菜, 新鮮コラードグリーン, 新鮮カブラ菜, 新鮮丸ごとニンジン,新鮮丸ごとリンゴ, 新鮮丸ごと梨, 乾燥ケルプ, カボチャの種, ヒマワリの種, 亜鉛タンパク化合物, ミックストコフェロール(天然酸化防止剤), 銅タンパク化合物, チコリー根, ターメリック, サルサ根, アルテア根, ローズヒップ, ジュニパーベリー, 乾燥 ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物, 乾燥 プロバイオティクス発酵生成物, 乾燥 ラクトバチルスカゼイ発酵生成物
粗タンパク質:38%以上

粗脂肪:18%以上

粗繊維:4%以下

水分:12%以下

粗タンパク質:38%以上

粗脂肪:18%以上

粗繊維:4%以下

水分:12%以下

 

まず、どちらの商品も主要栄養成分は同じ割合となっています。価格もほとんど変わらないため、肉好きか、魚好きかといった点で商品を選ぶことができると思います。
粗たんぱく質は38%以上で非常に高蛋白なフードであるといえます。脂質も18%以上で、決して高すぎるわけではありませんが成長期にも十分な脂質量が摂取できるでしょう。

反対に、肥満気味の犬や、シニア犬にはやや脂質が多すぎる印象です。スペシャルシリーズの「フィット&トリム(ダイエット用:脂質13%)」や「シニア(脂質15%)」をおすすめします。
その他、原材料をみていて気になったのは、どちらも人工添加物不使用、グレイン(穀物)フリーという点です。まさにオリジンの理念である「Biologically Appropriate™(生物学的に適正)」に準じた自然派レシピで良いですね。さらに、野菜や果物がバランスよく配合されており、腸内細菌も添加されています。便通をよくし、腸内環境を改善することに拘ったレシピだと感じます。

 

【獣医師目線で分析】オリジンドッグフードは肝臓に悪い?

さて、ここでおそらく口コミの中で最も気になっているでしょうマイナスポイント「肝臓の数値があがった」ということについて、もう少し詳しく解説しておきたいと思います。

犬の肝酵素の適性範囲は?

 

肝酵素 適性範囲
ALT(GPT)

犬や猫において、最も肝臓の状態をよく表す酵素で、上昇した場合は何らかの肝障害による可能性が高い。

21-102
AST(GOT)

肝臓以外にも腎臓、脳、すい臓、小腸などにも分布している酵素で、上昇したからといって肝障害であるとの断定はできない。

23-66

 

このように、肝臓の状態をみるための数値として有名なのは、「ALT」と「AST」ですが、実は知らない方も多いかもしれませんが、最もよく肝臓の状態を示しているのは「ALT」という数値です。定期検査などでは、とくにALTの数値に注目しましょう。

肝臓の数値が上がる原因と対処法

では、ALTの数値が高くなる原因はどういったことが考えられるのでしょうか。

ALTという酵素は、肝細胞の中に含有されているものです。この酵素が血液検査で血液中に多く検出されるということは、肝細胞が破壊されたり正常な細胞膜の状態を維持できていないために放出されてしまっている状態であると考えられます。

すなわち、具体的にALTが上がってしまう要因としては、
➀薬やウイルスなどによる肝細胞の破壊
②肝臓で処理しきれない脂肪やアルコールなどの蓄積による肝障害
③ホルモンによる肝障害
などが考えられます。

このうち、ドッグフードが原因で起こる肝臓の数値の上昇となると、「高脂質フード」による肝障害(続けると脂肪肝になる)が考えられます。また、意外と知られていませんが、犬はストレスによってグルココルチコイド(ステロイド)の分泌が上昇したり、アレルギーなどの治療薬としてステロイドを投与している場合には、ステロイド性肝障害が高確率で引き起こされます。

フードによる原因だけではなく、飼育環境や使用している薬なども見直してみることをおすすめします。
(参考:獣医内科学(小動物編)/付表2 臨床検査項目の基準範囲)

 

【まとめ】オリジンドッグフードの総評

オリジンドッグフードは、カナダメーカーによって考案された「生物学的に適したレシピ」をもとに、アメリカにある自社キッチンにて製造された、高品質なフードであることがわかりました。

評判も「食いつき」や「アレルギー改善」という点で高評価でした。

原材料からは、腸内環境の改善やアレルギー予防へのこだわりも感じられました。

豊富な商品ラインナップが用意されており、いずれも高蛋白(38%以上)なレシピとなっているため、好みや体型・年齢などを考慮して商品を選ぶことができます。

活動量の低い犬や、シニア犬、肥満犬の場合は、定期的に健康診断を受けて、肝臓の数値や便の状態などにはとくに注意し、獣医さんに相談しながら与えるとよいでしょう。

このサイトでは他のおすすめドッグフードについても解説していますので、併せてご覧いただけますと幸いです。

ドッグフードおすすめ比較ランキング

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です