•   
  •   
  • 犬に好かれる人になるにはどうすればよいのか?

犬に好かれる人になるにはどうすればよいのか?

先の「犬は犬好きが分かるというのは本当か噓か?」というお話の中で、犬がどんなふうに飼い主以外の人を見ているのかという話をさせていただきました。
犬が自分にとって初めて会う人が好意的であるかどうかを判断する基準は顔の表情にある、という意見にまとまりましたが、逆に犬が飼い主以外の人を好きか嫌いかはどうやって決めているのでしょうか?
今回は、犬が好きになる人はどんな人なのかについて考察してみたいと思います。

犬が犬好きな人間を判断する基準が「笑顔、あるいは、穏やかな顔で犬を見つめる表情」という意見は圧倒的に多く、確かに、喧嘩を売るような敵意をむき出しにした人に近づこうとすることはあり得ないと思います。
しかし、このことはあくまで第一印象による判断であり、何度となく出会ううちに「この人は案外良い人かな?」と思うこともありますよ!
人間の場合でも、最初はそれほどでもなかった人が、深く付き合ううちに相手のことがいろいろと分かってくると、意気投合して仲良くなるということは普通に良くある話です。
それでは、犬に好かれる人はどんな人なのかということを考えてみたいと思います。


とはいえ、愛犬がどのように考えていているかなんていうのは分かるわけもなく、想像の世界でしかありません。
はっきりしていることは、群の絶対的存在であるボスには従い、自分にとって害がない人には近づいて情報を集める習性があるということです
最終的な好きか嫌いかというのは、集めた情報を総合して損得勘定で判断することになるようです。

犬が好きになる人は自分に取ってメリットのある人!

顔色だけで判断するのであれば、子犬のころから人間が格上であり飼い主がボスであるように厳しく躾をしている飼い主は、愛犬に嫌われることになってしまったとしてもおかしくありません。
飼い主は、一緒に暮らしている愛犬にいつも甘い顔をしているわけではありません
いけないことをしたときには叱らなければしてはいけないことを覚えませんし、しつけ始めたばかりの子犬は褒めるよりも怒ることの方が多いくらいです。


それでも、犬は自分の飼い主のことが大好きで、少し姿が見えなくなっても家の中を必死に探し回り、飼い主が出かけようとするといつも付いて行こうとします
一方で、同じ家に住んでいるのに、愛犬がなかなか馴染むことができない飼い主の家族がいるという話もあります。
逆に、たまにしか顔を合わすことがない友人がやってくると、やたらと喜んで床掃除でもするかのように垂れたしっぽを前後に大きく振って「この人、大好き!」と言わんばかりに甘えるシーンもよく見かけます。
はっきりとした意思表示をする背景には、その時の気分によるものではなく、明確な理由があります

飼い主は群のボスと理解できている!

飼い主は確かに怒ることがありますが、愛犬にとっては怒られるかもしれないという怖さ以上に、

  • 飼い主についていきたい
  • 飼い主に気に入られたい
  • 飼い主の言うことを聞いていれば間違いない

 

といった主従関係が構築されています
ペットの犬は家の中(家の敷地内)を動き回り、寝たいときに寝て、遊びたいときに遊んでと自由気ままに生活しているように思う人もいます。


しかし、そんな生活に定期的な散歩と食事も与えられることも飼い主が自分のボスであるからできるということを理解し、愛犬にとってメリットがあるというわけです。

愛犬がなつかない家族は?

愛犬の世話を主にする飼い主と飼い主以外の家族と一緒に暮らしているわけですが、愛犬にとっては家族の中にもランキングがあります。
ほとんどの場合、飼い主の家族も愛犬にとって服従することでメリットのある存在ですので、好きか嫌いかと問われるならば好きと答えるでしょう
しかし、自分よりも格下であると考えていたり、自分にとってメリットがないと判断していたりするならば、目が合ったときに唸るようなことがあるかもしれません
例えば、お母さんが群のボスと考えている愛犬にとっては、朝早くに挨拶する間もなく仕事に出かけて夜遅くの眠った後に帰ってくるお父さんは従うメリットがありません。
さすがに、顔は知っていますので嫌いということは無いでしょうが、無理に従う必要はありませんし、従わないからといってデメリットがあるわけではありません。
ましてや、たばこの臭いやアルコールの匂いがしているとなると、嗅覚が鋭敏な愛犬がその臭いを嫌うのであれば近づきたくもないでしょう。
匂いといえば、愛犬は化粧品の匂いをどのように感じているのかということも大きな問題です。
例外はありますが、そもそも人工物の匂いがあまり好きではありませんし、鋭敏な嗅覚を刺激するタバコやアルコールの臭い、加えて、酢や柑橘系の臭いを好まない犬が多いと言われています。
すなわち、香水の匂いのきついお嬢さんに愛犬が馴染めないということもあるかもしれません。
ちなみに、高齢男性に多い加齢臭や腋臭といった、一般的に臭いと言われる体臭は犬にとって臭いということはありませんので安心してください。

滅多に合うことのない友人や知人になつくのは何故?

愛犬が、たまに家にやってくる友人に滅茶苦茶なついているというケースもよく聞く話です。
飼い主が親しげに話をしている人は、ボスである飼い主にとって大切な人であるということは理解できているようです


初めて会ったときに情報収集はされているので警戒心は無くなっているでしょうが、愛犬が赤の他人に出会って極端に喜んでいる姿というのは、なついてくれない家族にとってはショックかもしれません。
たまに家にやってくる人にはその家の愛犬に対して何の責任もありませんので、近寄ってきたときにおやつをあげているということがあるかもしれません。
おやつを貰えたということは、愛犬にとっては大きなメリットです

犬に情報収集をしてもらうために取るべき態度はこれ!

ここまで読んでいただいた方は分かると思いますが、所見はともかく、散歩で見かける愛らしい犬に好かれたいと思っているならば、どうすればその犬が自分の情報を収集してくれるのかということを考えればよいわけです。

犬に怖い思いをさせない!

犬は警戒心が強く、ある意味、臆病な生き物でもあります。
怖いと感じたときには、それが人であれ、犬であれ、物であれ、なかなか近づこうとはしません
しかも、怖かったことの記憶というのは、うれしかったことの記憶よりも根強く頭の中に残っているものです。
もしかすると、愛犬がなつかない飼い主以外の家族の方は、抱っこをしようとして落としてしまい非常に怖くて痛い思いをしたことがあるのかもしれません。


「そんな昔のことをいつまで・・・」と思うかもしれませんが、そのことがトラウマとなっているということはよくある話なのです。

さて、犬が怖いと感じる人の行動は以下のようになります。

  • 後ろから触られる
  • 急にしゃがんで手を伸ばされる
  • 頭より高い位置に手をあげる
  • 見つめられる
  • 追いかけられる
  • 大きな音をたてる

 

これらのことを裏返して仲良くしたい犬に接すれば、その犬が情報収集を始めるようになり、何回か繰り返すうちに好かれるようになるということになります

犬に好かれるために注意すること!

犬好きの人が初対面の犬に好かれる可能性が高くなる理由は、犬との接し方を良く知っているからに他なりません
自分で犬を飼っている、犬を飼ったことがあるといった犬と暮らした経験のある人ならば、犬が人間の表情を一生懸命観察して自分がどうするべきなのかを決める慎重な、悪い言い方をすれば臆病な生き物であるということを良く知っています。
以下に、犬が大好きという人が初対面の犬に接するときに例を挙げてみます。

  • 穏やかな友好的な表情をする
  • 少し距離を開けて正面にゆっくりしゃがむ
  • 掌を地面すれすれで上に向ける
  • 犬が近づくまで目を合わさず体も動かさない
  • 臭いをかぎだしても動かない

 

臭いを十分確認して情報収集が終了したところで、犬は再びその人の前に回って顔を覗き込みます。


この行動は興味を持った証拠であり、恐る恐る近づいてきた犬に対してゆっくり手を伸ばして喉のあたりから軽くなでることができれば、後はしめたものです

参照元:わんちゃんホンポ 犬に好かれる人の4つの特徴
https://wanchan.jp/osusume/detail/1794
参照元:マイナビニュース 犬に好かれる人に共通する6つのこと
http://news.mynavi.jp/news/2013/05/30/107/

まとめ

犬に好かれるためには、犬の気持ちになって「何をされたら怖いのか?」、「どんなことがうれしいのか?」ということを考えれば自ずと答えが出てきます
ここまでお話しさせていただいたのはほんの一例であり、個々の性格によって接し方も変わってきます。
基本的には、ボスである飼い主のために行動しようとする犬は、飼い主が楽しそうに会話をしている相手に対する警戒心は薄れています
「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ」ということわざとは逆になりますが、散歩している犬に好かれるためにはまずは飼い主と仲良くすることが大切です
その上で、犬の個性に合わせて、犬が怖がることのないように接触すれば、犬に好かれるようになります。

ドッグフードおすすめ比較ランキング

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です