•   
  •   
  • 犬は夏の暑さに弱い?夏バテしやすい犬種とは?

犬は夏の暑さに弱い?夏バテしやすい犬種とは?

夏の暑い時期になると、「食欲がない」、「体がだるい」、「頭が痛い」、「下痢と便秘を繰り返す」など全般的に元気がなくなる人が多くなります。
これが夏バテと呼ばれる現象で、暑気あたりと呼ばれることもあります。
人間でもこんな風になるというのに、被毛で覆われている愛犬はもっとつらいのではと思いませんか?

夏バテという現象は、人間特有のものではなく犬や猫などの動物でも同様に起こります。
ところが、実際には、毎年夏場になると、

  • 餌を食べる勢いがなくなってきた
  • 寝ている時間が増えたような気がする
  • 遊びたがらない
  • 便が柔らかい

といった夏バテ特有の症状が愛犬に認められると思い当たる飼い主さんも多いことと思います。

餌は食べないけどおやつは食べるという経験をお持ちの方もおられると思いますが、おやつは嗜好品ですので餌とは別腹という点は人間と似ています
むしろ、夏バテで餌を食べる気力が湧いてこないために、好きなおやつでお腹を満たそうとしているのかもしれません。
犬が人間よりも夏バテを起こしやすいのは、体中が毛で覆われているのですから当たり前と思うかもしれませんが、実のところは、ほとんど汗をかかないということの方が被毛の多さよりも夏バテを引き起こす大きな要因です

夏バテは何故起こる?

外気温が上がり体温に近い、あるいは、体温を超えると、温度が上がることで体の機能が通常通りでなくなってきます。
健康時の体温、すなわち平熱を超えると体温を平熱に戻すために、体は血管を広げて血液の流れを早くして熱を分散させようとしたり、発汗を促進して汗の気化熱で余分な熱を体外に放出したりしようとします
これらの機能は自律神経によるものであり、指示を出すのは脳です
ところが、外気温の変化が体温低下機能を上回っていたり、体温上昇が長時間継続したりすると、自律神経のバランスが崩れることによる様々な体調不良が起こることになります。


自律神経のバランスが崩れて起こる現象が、倦怠感、食欲不振、思考力低下といったといった夏バテの症状というわけです。
対策が遅れると、下痢や嘔吐、あるいは、頭痛、発熱といった熱中症の症状につながります。

犬は人間よりも夏バテしやすいのか?

基本的には、犬という生き物は、冬の寒さに強く夏の暑さには弱い動物です。
というのも、犬は、

  • 脂肪の燃焼効率が良い(脂肪を熱エネルギーに変える褐色脂肪細胞が多い)
  • 被毛に覆われた体は自前の毛皮を着ているようなもの

 

ですので、寒さ対策は万全です。
万全といっても、それは健康な犬の場合で、代謝能力が低下している老犬や代謝システムを構築中の子犬は体温調節そのものが不安定ですので、暑さだけでなく寒さにも弱いです。
逆に、夏の暑い時というのは犬にとっては凌ぎにくいシーズンになってきます。

暑い日の犬の体温調節は?

基本的な体温(平熱)は大型犬で38℃前後、小型犬で39℃前後と、人間ならば熱があると言われる状態です。
ダイエットにおいて「炭水化物や脂肪を燃焼させる」という言葉が使われることからも分かるように、活動するためのエネルギーを供給するために炭水化物や脂肪を利用するときには熱が発生しますので、その余分な熱を体外に放出して平熱を保つメカニズムを持っています。
体温の変化に合わせて体の中の体温調節を行うメカニズムを動かしているわけですから、体温の高い犬の方が人間よりも気温上昇に対して強いのかもしれませんが、その差は1、2℃程度でしかありません。

汗をかかない犬の余分な熱の逃がし方とは

日常的に起こる熱の発生に外気温の上昇による熱が体に付加されると、余分に体温調節メカニズムを動かす必要が出てきます。
人間の場合は、外から来た余分な熱は、汗をかくことによって水分が蒸発するときに体の表面から気化熱として余分な熱を奪うような活動が起こります。
ところが、犬は、肉球と鼻先からわずかに汗が発生する程度で、体の表面で汗をかくことはほとんどありません。
従って、人間のように、汗の気化熱で余分な熱を逃がすことができません
ちなみに、大量の被毛を生み出す毛穴はありますが、毛穴に付随しているのはアポクリン汗腺と呼ばれる皮脂を分泌する汗腺だけで、水分が豊富な汗を分泌するエポクリン汗腺という汗腺があるのは肉球と鼻の頭の被毛のない部分だけです。
水分を外気に触れさせて気化させることができる犬の体の中で唯一といっても過言ではない器官が、長い舌です。


暑い時に口を開けて長い舌をこれでもかというくらい出し入れして、体の中の余分な熱を放出します
大量の唾液を分泌させながら、呼気を吐き出す勢いで舌の表面に付着した唾液の蒸発を促します。
筋と横隔膜を激しく動かすことになりますのでエネルギーの消耗も激しく、高齢犬や子犬が熱中症になりやすいのも低体力というのも大きく影響します

愛犬の夏バテ対策

ここまで読んでいただいたら分かるように、暑いからといって愛犬の体に扇風機で風を当てても何の夏バテ対策にもなりません。
人間が風邪を心地よく感じるのは汗腺からでる汗の蒸発が風によって促進されるからであって、汗をかかない犬は気持ちよいということはありません。
だからといって、舌先や鼻先に風を当てても、表面積が小さくあまり効果は期待できません。
何よりも、舌先や鼻先が乾くことの方がマイナスですし、顔に風を当てることによってドライアイになってしまうこともあります。

風で体温調節させるなら水浴びを・・・

夏バテになっている愛犬に風を当ててやるだけではあまり意味がなさそうですが、体が濡れていれば話は別です。
水浴びなどをさせて濡れた被毛を乾かすのに冷風のドライヤーをあてると、上がった体温が低下してかなり気持ちが良くなるはずです


ただし、水を嫌う犬というのは結構多くて、水嫌いな愛犬に無理やり水浴びをさせるのも大変です。
また、毛の根元あたりが湿ったままになっていると皮脂を餌に微生物が繁殖して体臭がきつくなったり皮膚炎を起こしてしまったりする可能性もあります

温度だけでなく湿度管理も!

体の表面から熱を逃がすことができない以上、部屋そのものの温度を下げるのが最も効果的です。
ただし、人間が生活している高さと愛犬が生活している高さの違いをよく考えて下さい。
冷気は下にたまりますので、部屋の温度は下に行けば行くほど低くなっていきます。


飼い主が快適ならば愛犬も快適というわけではなく、少し寒すぎる可能性もあります。
愛犬が体を接触させる床部分の温度としては25℃くらいが良いそうですので、飼い主が暑いのは二の次で愛犬のことだけを考えるのであれば、犬用の保冷マットを使うと良いかもしれません。
また、温度と共に湿度も重要です。
雨が降りそうなときや雨の降り始めというのは空気中の水分が多くなる、すなわち、湿度が高くなっていますが、そんな時には人間でも「蒸し暑い」といって実際の温度よりも体感温度が高くなっています
高湿度の影響で汗が蒸発しにくくなり、熱が逃げにくい状態にあるからです
犬は舌で放熱するわけですから水分を蒸発させる表面積が小さく、湿度の影響は人間以上かもしれません。

いつでもフレッシュな水を飲めるようにしましょう!

夏バテの時には唾液が多くなるというのも、犬の夏バテの特徴的な症状と言われています
唾液を蒸発させて熱を逃がすのですから当たり前ですが、唾液にも限界がありますので常にフレッシュな水が飲めるように水入れをよく見るようにすることも大切です。


我が家では症状がひどいと感じたときには一かけらの氷をおやつ代わりに与えたりもしましたが、喜ぶからといって与えすぎるとお腹が冷えて、腸の弱い犬は下痢になってしまうと獣医の先生に怒られたことがあります。
まあ、水入れの水の温度が上がってきたら氷を浮かせるくらいは良いかもしれませんが、それよりも新しい水に交換する方が愛犬のためには良いということです。
また、水分補給は脱水症状の予防にも必要ですので、いつでも好きなだけフレッシュな水を飲むことができるようにケアしてあげてください。
夏バテから脱水症状に発展すると、血液中の水分の減少によって血液がドロドロになり、体に必要な栄養素が運ぶことができず、体のいたるところで栄養不足が起こってしまいます
餌もあまり食べず、水もあまり飲まないようであれば、ドッグフードに犬用のスープをかけて食いつきを良くするとともに水分補給もできるようにするというのも一つの手段です。

参照元:AllAbout 犬の夏バテや熱中症にご用心!症状や対策
https://allabout.co.jp/gm/gc/68862/
参照元:わんちゃんホンポ 犬が夏バテしているときの症状とは?オススメの解消法とやりたい対策
https://wanchan.jp/osusume/detail/6298

散歩の時こそ要注意です!

我が家は愛犬を室内で飼っており、日中はエアコンで温度管理をしているから、暑い外に出るのは散歩の時くらいだから大丈夫と高を括ってはいけません。
冒頭でも申し上げたように、暑い日が続くことも夏バテの原因ですが、急激な温度変化も夏バテ、さらには、熱中症を引き起こす原因でもあるのです。

散歩のときは急激な温度変化に要注意!

冷房の効いた室内から散歩に出る前に徐々に温度を上げて気温に近づけてから出かけることができれば良いのですが、なかなかそこまでできるものではありません。
快適な居住空間から瞬時に猛暑の外へ出ますので、体表面の温度は急激に上昇します。
飼い主の体は急激な温度上昇に合わせて汗を出し体温を調整しようとしますが、汗をかかない愛犬は舌を出すしかありません。
そうです!室温と外気温の間に極端な差があるときには、体温調整が間に合わない愛犬は環境変化に順応できずに急激な夏バテ状態、すなわち、熱中症に近い状態へと体が移行してしまいます
それでも無理に散歩に出ると、熱中症になってしまうリスクは飼い主よりもはるかに高いというわけです。
たったの30分程度の散歩が、愛犬にとって命取りになる可能性もあるので、散歩に出る時間帯やアスファルトで舗装された道路の温度に注意を払う必要があります

夏場の散歩はどうしますか?

散歩が大好きな愛犬には、散歩とご飯を楽しみに毎日暮らしているようなものですから、
暑いから散歩はやめておこうということは通用しません。
散歩をしないことが愛犬の運動不足による健康トラブルにつながることもありますし、大好きな散歩を飛ばされること自体がストレスにつながるということもあります。
従って、大雨でもない限りは可能な限り散歩に出るしかないのですが、真夏の猛暑の間は気温もさることながら舗装された道路の温度も大きな問題です


靴を履いて直立で歩いている飼い主ですら高温のアスファルトの温度には、耐え難いものがあります。
暑い日のアスファルトの温度は60℃を超えることもあるくらい高温になっていますので、靴を履いていない愛犬の肉球が低温やけどをする恐れもありますが、高々2、30㎝から1m程度の高さしかない愛犬はアスファルトから発せられる熱をまともに足とお腹で受け取ることになります
日の出前や日没後1時間以上たってから散歩に出るのが、愛犬の夏バテや熱中症対策において理想的であるということになります
しかしながら、それは難しいという人もおられると思いますので、最低でも、アスファルトの温度が低い時間帯に散歩に出るようにしましょう!
目安としては5秒から10秒くらい道に掌を載せて熱いと感じない程度ということですが、道路の温度は低ければ低いに越したことはありません。
日陰は太陽光を浴びている道よりも多少は温度が低くなっていますので、愛犬は家の影などで日陰になっている側を歩かせるように誘導するようにしましょう
また、散歩中の愛犬の口元や腹部の動きには常に注意し、「はあ、はあ」、「ぜい、ぜい」と舌を出す頻度や舌の伸ばし具合が多くなったり、胸部や腹部の動きが小刻みに回数を増やしたりするようであれば、日陰で休憩して水を飲ませるようにしましょう。
そのためには、大きめのペットボトルに水を入れて持ち歩くことがおすすめです。
散歩中の水飲み用のグッズとして、コンパクトにたたむことができる水入れを持ち歩くと飲ませやすいですが、掌でお皿を作って飲ませるのでも構いません。

熱中症かも?と思ったときの応急処置

急に下痢便を出し、立っていることすらままならないようになり、その場に倒れるようにへたり込んでしまったら、それはもう熱中症です。
人間ならば救急車で搬送という状態ですが、何とかして日陰に連れて行きペットボトルの水を体にかけて団扇であおいでやることで応急処置ができる可能性があります

体験談を申し上げると、今は他界してしまった我が家のボーダーコリーは散歩が大好きでしたが、高齢になってから散歩はいつも辛そうでした。


他界する前の年には、散歩中に熱中症の症状が出てしまい、ひと夏で数回死にそうになりました。
症状が出たときには、気が付いた散歩仲間が自宅からバケツに入れた水を運んできてくれたり、寒剤を首や脇にあてがってくれたりしたこともありました。
誰もいない時には、目の前にある家のチャイムを鳴らして水を分けていただけるようにお願いしたら、快諾してくれたこともありました。(その節は、皆さんありがとうございました。)
近所づきあいは大切であるということが、実感できると思います。

我が家のマル秘熱中症対策をご紹介

暑さによって自律神経のバランスを崩す原因となる脳内を冷やすには、脳に血液を送る太い血管がある首を冷やすのが最も効果的に熱中症症状を緩和できる可能性があります
そこで、祭りの時などに使う手ぬぐいを折り返してベルト状にして、保冷剤を入れるポケットを付けたものを用意し、散歩のときには首に巻き付けるようにしていました。
冷菓を買ったときなどについてくる保冷剤が利用できますので、使用後は再度凍らせておけば何回でも利用できます。
その時は必死でしたが、今ネットで見てみると、首に巻き付ける「クールバンダナ」という名前の熱中症対策グッズが楽天市場で販売されていました
値段は大きさによりますが、保冷剤が3つ付いて1,200円~1,500円です。
愛犬のために自分で作るもよし、面倒であれば買っても良いのかもしれません

参照元:Rakuten クールバンダナ
http://item.rakuten.co.jp/buena-store/cool-m/#cool-m

 

夏バテしやすい犬種

被毛が長いダブルコートの犬種やマズルが短い短頭種は、体の構造的に夏の暑さには弱くなります

近所でよく見るダブルコートの犬種

  • ゴールデン・レトリバー
  • ラブラドール・レトリバー
  • ボーダーコリー
  • シェットランドシープドッグ
  • 柴犬
  • コーギー
  • ポメラニアンなど

近所でよく見るマズルの短い犬種

  • パグ
  • フレンチブルドッグ
  • ブルドッグ
  • シーズー
  • チン
  • ブルドッグなど

また、記事中でも書いたように、老犬や子犬はもちろん、地面により近い小型犬や北方の犬種であるシベリアンハスキーや秋田犬なども夏バテ・熱中症になりやすい犬種となります。

参照元:AllAbout 犬の夏バテや熱中症にご用心!症状や対策
https://allabout.co.jp/gm/gc/68862/
参照元:わんちゃんホンポ 犬が夏バテしているときの症状とは?オススメの解消法とやりたい対策
https://wanchan.jp/osusume/detail/6298

ドッグフードおすすめ比較ランキング

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です