•   
  •   
  • 犬は犬好きが分かるというのは本当か噓か?

犬は犬好きが分かるというのは本当か噓か?

これまでのお話で、犬と暮らすための覚悟、必要なお金の話、最低限やらなければいけない愛犬の世話、そして、長く一緒に暮らしていれば必ず起こる老犬になった時の介護と、一通りの説明をしてまいりました。
しかし、犬は生き物です!何が起こるかわかりません。
犬種が違えば行動パターンが変わるのは当たり前ですが、同じ犬種でも、そして、兄弟・姉妹であっても性格は異なっています

これまでは、
「世話が大変だ」とか
「お金がかかる」とか
「老後が大変だ」とか
ほとんど悲観的な話ばかりでしたが、新しくやってきた家族の毎日の変化こそが犬と暮らす生活の楽しみであり醍醐味です。
愛犬と向き合ったり遊んだりすると癒されますし、家族にすら言えない日頃の不満も愛犬にならば言うことができます。


愛犬には意味不明かもしれませんが、言うだけで楽になるということもありますし、何よりも告げ口される心配はありません。
もちろん、楽しいことばかりではありませんが、愛犬の行動に悩み、愛犬の体を心配することもある意味、楽しみの一つと言えるのかもしれません
というわけで、ここからは犬という《不思議ちゃん》と暮らしている中で、「愛犬が喜んでいるのか?」「困っているのか?」、はたまた「何が楽しいのか?」「何が気に入らないのか」などなど、遭遇した出来事について考察していくことに致します。
まず初めに不思議に思うことが、「犬は犬好きの人が分かるのか?」ということです

散歩中に見知らぬ人に遭遇したときに愛犬の取る行動は?

愛犬と散歩をしているときに見知らぬ人に遭遇すると、何事もなかったかのようにすれ違うだけという場合もあれば、じっと見つめた後に尻尾を振りながら近づいていく人もいます。
実際のところ、チワワのように警戒心の強い犬は飼い主以外にはなかなか馴染めず、相手が犬好きかどうかは論外で、飼い主の後ろに隠れながら吠えまくるという犬もいます。


さらに、犬は大丈夫だけど、人間は苦手という犬もいるようです。
そんな犬でも、何度か会っているうちに敵意がなくなり、触られるのを嫌がらなくなるということもありますので、時間はかかっても犬好きが分かるのかもしれません

犬好きの人に遭遇したときに愛犬がとる行動は・・・

愛犬が尻尾を振りながら近づいていくと、犬好きの人は大抵犬を撫ぜながら「私は犬好きだから分かるのかな!」といった意味のことを言われます。


ほとんど初対面のはずなのに、いきなりお腹を見せて「もっと!もっと!」と懇願するようなこともあります。
この行動を不思議に思う人はたくさんいるようで、Yahoo!知恵袋に質問している人がいました。
回答はほとんどが肯定的で、「分かると思う」、「分かるみたいです」という回答がたくさん見られますが、確証のある人は少ないようです

そんな中、「なるほど!」と思える回答がいくつかありましたので、その辺を追求したいと思います。

参照元

Yahoo!知恵袋データ いぬは、犬好きを分かるのですか?

相手の表情から雰囲気を感じ取る

「犬にはテレパシーがある」とか「オーラを感じる」といった俄かには信じがたい話もあるようですが、基本的には相手の顔を凝視して表情を見ているのではないかということです。
犬は群で行動する習性のある動物で周りにいるのは敵か味方かしかないわけですから、出会った瞬間に敵か味方かを判断する必要があります。
飼い主と一緒に暮らす中で躾が行き届いていれば、人間が自分よりも格上であるということは分かっているはずですので、初対面の人であってもまずは観察することから始まります。
犬が好きな人は犬を見ると「触れたい!」、「撫ぜたい」という気持ちが表情に現れます
笑顔あるいは穏やかな顔で犬を見つめますので、表情を読み取った愛犬は自分に対して好意的な人間であると判断して近づいていくというわけです

尻尾の動きと振り方に注目!

尻尾を振るという行為は愛犬が喜んでいると考えている人が多いようですが、必ずしもそうではありません。
尻尾を振るときの、尻尾の高さ、スピードや幅によって、その時の心理状態は異なっています
冒頭で「じっと見つめる」と申し上げましたが、凝視しているときには尻尾は水平で緩やかに小さな幅で動いていることが多いと思います。
尻尾の位置が体より高い時は支配的な意味があり、垂れているときには服従の意思を表しています。
従って、尻尾が水平方向になっているということは、どちらでもない、すなわち、どのような接触の仕方が良いのか分からない不安な状態というわけです。
また、ゆっくり尻尾を振るということは軽い挨拶を意味しており、初対面の人に対して「こんにちは」と言っているような感じであり、自分の存在を相手に意識させるための意思表示のようなものです。
それによって、こちらに気が付いてくれた相手の顔をしっかり見て、好意的かどうかを判断するということになります。
気を許すと決めると、尻尾は垂れて大きな振り幅で勢いよく尻尾を振りながら近づいていくことになります。
地面を掃き掃除でもするかのように腰をかがめて尻尾を大きく左右に振るのであれば、相手に対して最大の親愛の情を示している証拠で、もしかすると飼い主以上に敬意を持っているのかもしれません
そして、もしも散歩中に見知らぬ人にビュンビュン尻尾を振るとしたら、初対面と思っているのはあなただけで、別の家族が散歩に連れて行ったときに出会った顔馴染みということもあるかもしれません。
まあ、そんな時にはかなり遠く離れていても、飼い主を引っ張ってでもその人の近くに行こうとするでしょう。

参照元

子犬のへや 犬のしっぽから心を読む訓練

犬嫌いの人や犬が怖いという人に遭遇したら・・・

散歩中にすれ違った人が犬嫌いな人である場合にはその人の表情は険しいものになるでしょうし、犬が怖いという人であれば目を合わさないようにするとともに距離をとることになります。
目を合わさないということから相手が自分を怖がっていると判断した犬は、スルーするか威嚇することになります
また、感情を露にした険しい表情でにらまれると、攻撃的になることもあるかもしれません
その時の尻尾の高さは、体より高い位置になっているというのが一般的です。
相手が自分より格上と躾けられている人間であれば、余程興奮しているときでもなければいきなり攻撃的になることはありませんが、そんな時にはリードを持つ手に力を入れた方が良いでしょう。

相手の体から犬の匂いがしているのかも?

犬の嗅覚は人間の数十倍とも言われており、相手の体に付いた僅かな犬の匂いをかぎ分けることができます。
マーキングという野生動物特有の情報伝達手段からも分かるように、電信柱に付いた別の犬の尿の匂いから別の犬の存在を知ることができるわけですから、相手が犬と暮らす愛犬家であれば犬を連れていなくても犬の存在は直ぐにわかります。


相手の体にある犬の匂いが見知らぬ犬であれば、その臭いを確認し覚えておくためにより多くの情報を得ようとするのは当然の行為です。
もしも、その臭いが自分が知っている相性の良い犬の臭いであれば、その臭いを保有している人も知り合いになれるというわけです。
逆に、自分が嫌いな犬の臭いがしたとしたら、その人も敵とみなしてしまうかもしれません。
臭いを確認しているときの尻尾の動きと高さに注目して、「やばい」と感じたら愛犬をその人から引き離すようにコントロールした方が良いかもしれません

まとめ

正確なところは分かりませんが、犬好きか犬嫌いかを判断するのは相手の表情という意見が圧倒的に多いようです。
飼い主の立場で言わせてもらえば、可愛くて仕方のない愛犬と散歩をしていて顔が緩んだ犬好きの人とすれ違った時には、愛犬よりも飼い主が先にその人に近づいて行くのではないでしょうか?
愛犬にしてみれば群のボスである飼い主の知り合いというように判断しているのかもしれません。

ドッグフードおすすめ比較ランキング

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です