•   
  •   
  • 吠える愛犬の無駄吠えをなくすにはどうしたらよいのでしょう!?

吠える愛犬の無駄吠えをなくすにはどうしたらよいのでしょう!?

犬は吠える動物ですので、ある程度は仕方がないと思いますが、あまりにしつこく吠えると「近所迷惑になるかも・・」というのが飼い主の気がかりになってきます。

子犬の鳴き声は「キャン!キャン!」と甲高いものですが、声はそんなに大きくありません。
ところが、成犬になると鳴き声は低音になりますが、声が大きいのでいつまで経っても鳴き止まないときには、隣の家の状況によっては「イラッ!」とすることがあるかもしれません。
犬の無駄吠えは、全ての飼い主を悩ませる困った習性です。

ここで解説する内容は、普段は良い子なのにある特定の条件の時だけ無駄吠えしてしまうような愛犬の躾、すなわち、愛犬が飼い主を畏怖しある程度言うことを聞くことができる、あるいは、理解できるという愛犬に対する躾方法です。

言葉で説得してもなかなか修正できないしつこい無駄吠えに対しては、行動主義心理学を利用して無駄吠えを修正する躾が必要になってきます。
言い換えれば、ここで説明させていただく無駄吠え防止の躾方法は、飼い主の言うことを聞いてくれる賢いワンチャン向けということです。
成犬になってから飼うようになった愛犬や頑固な愛犬に対しては、もう少し強めの躾というよりは訓練に近い躾が必要になるというわけです。

犬は何故吠えるのか?

犬が吠えることには意味があり、目的に合わせて吠え方も異なっています。
犬は威嚇、警戒、不安、注意喚起、あるいは、要求などの局面に合わせて、意思の伝達や飼い主への合図として吠えます。


時には、構ってもらいたいというストレスから吠えるというケースもあります。

要求が満たされるまで吠えるのを止めないことを無駄吠えと呼びますが、「ワン!ワン!」、「キャン!キャン!」と大きな声や甲高い声でいつまでも鳴きやまない状態になると「うるさいな!」と迷惑に感じる人もおられます。
「クン!クン!」や「クーン!クーン!」といった飼い主に甘える声はトーンも低く問題ありませんが、大きな声で鳴き続けるのは犬好きの人にとっても「うるさい」と感じることもあるくらいです。

要求が満たされれば吠えるのを止める!

子犬のころから躾が行き届いている愛犬であれば、目的が達成されると鳴き止みますので大きな問題ではありません。
何らかの要求や飼い主への合図のために吠えていますので、要求が満たされるか飼い主が気付くまで吠え続けることになります。

従って、このようなケースでは、吠え方やシチュエーションから吠えている原因を突き止めて、原因を取り除けば吠えるのを止めます。

飼い主の静止が効かない無駄吠えとは!?

躾が不十分な犬は飼い主がやってきて吠えるのを止めるように指示しても、吠えるのを止めないということはよくあります。
飼い主が姿を見せても、吠えている原因が解消されていないからです。

音に反応して吠える場合

チャイムが鳴ると吠えるのは、ある意味犬の習性でもあります。
縄張りを重要視する犬は侵入者に対して敏感に反応しますので、当たり前の行動です。
チャイムを鳴らすということは敵ではありませんし、違法な侵入者でないことは人間ならばわかりますが、それが理解できていない犬が縄張りを守るために自分で確認するまで吠え続けることになります。
従って、チャイムが鳴った時には愛犬と共に来訪者のもとに行き、自分で確認させるということが大切になってきます。

他方、雷や花火の音に吠えるのは音が怖くて吠えているだけで、犬は雷や花火がどんなものであるのかは知る由もありません。
「ドーン」、「ゴロゴロ」といった音がしている間は、愛犬に寄り添って安心させてあげることで吠えるのを止めることがあります。

同じことを何度か体験すれば、怖いものではないということが理解できるというケースがほとんどです。
ただし、飼い主に対する畏怖の念より音の方が怖ければ、この方法で吠えるのを止めるようになるということは無く、訓練する必要があります。

ストレスが溜まっている愛犬が良く吠える場合

ストレスを溜めるような飼い方に問題がありますが、そうなってしまったときには愛犬がストレスを感じることがないように、遊んだり散歩に出かけたりするなど一緒に行動をして、愛犬とのコミュニケーションの時間を設けることが大切です。
時間が許す限り愛犬と接触して、話しかけるようにしたり撫でてあげたりするようにしましょう。

他の犬や人に吠える習慣は・・・?

敵に対してはまず吠えるというのも犬の習性ですので、散歩している最中に見知らぬ犬が自分の縄張りを歩いていたら、威嚇のために吠えたり怖いから吠えたりということもよく起こります。
人間を格下に感じている犬では、見知らぬ人に対して吠え続けることで威嚇するケースもあります。

他人に対して吠えるときには、人間が自分よりも格上であることを認識するまで叱ることが重要な躾になります。
相手が犬である場合には、同じ町内の散歩仲間を作り、他の犬と接触する機会を増やしてあげることで、他の犬とのコミュニケーションをとり続けることで慣れてきます。
実のところ、人や他の犬に対して吠える犬は、家の中を自由に歩き回る習慣のある室内犬に多い習慣であるという意見があります。
犬や人に対して吠える愛犬は、散歩不足が原因である場合もあるということです。

留守番をさせると吠え続ける場合

犬は臆病な生き物ですので一人で放置されるのを怖がり、置いてけぼりに対する不安から吠え続けるということがあります。
「弱い犬ほどよく吠える」というのは、よく言ったものです。
また、家という縄張りを仕切っているのは飼い主ではなく自分である、と勘違いしていることが原因である可能性もあります。
常に拘束しろとは言いませんが、何か用事をするときには悪戯防止もかねて、ケージに入れたりリードにつないだりして拘束する時間を設けるというのも自分の立場を認識させる躾となります。

他方、ケージに閉じ込めることで家の中での愛犬の縄張りを狭めて、ケージの中が安住の場所であるということを認識させるのも一つの手段です。
留守番の時に吠え続けるのを止めさせるためには、出かけるときにケージに入れておやつを与えながら留守番することが自分の仕事であると認識させるようにするというのも躾になります。

言って分からないときには口を押えて落ち着かせてから・・・

愛犬が超攻撃的であったり極端に臆病であったりする時には、言い聞かせても吠えるのを止めないということで悩む飼い主さんもよくおられます。
そんな時には、実力行使するしかありません。
吠えるためには口を開く必要がありますので、手を使って口が開かないように抑えて吠えることができないようにします。

落ち着いた時点で、「吠えてはいけません!」と説得するようにすることを繰り返すと、吠えるのを止めるようになります。
ただし、攻撃的な愛犬に対して迂闊に口に手を持っていくと噛みつかれる可能性もありますので注意してください。
犬にとっては動きを拘束されるということは、それほど嫌なことで大きなペナルティであるということです。

 

ドッグフードおすすめ比較ランキング

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です