•   
  •   
  • 犬に躾を行うタイミング、どんなときにどんな躾が有効なのか?

犬に躾を行うタイミング、どんなときにどんな躾が有効なのか?

 

問題行動が出た時にそれを止めさせることが躾ですが、何も言わなくても問題行動を起こさないように躾けるにはどんなタイミングでどのように躾ければ良いのかということが、躾に苦労している飼い主の皆様が気になるところです。

愛犬を躾けるための学習理論から説明すると難しいと感じるかもしれませんが、愛犬の特性を知りそのことを利用すればそれほど難しいことではありません。
要は、愛犬との間に信頼関係を育み、飼い主の命令に従うように躾けることが、大前提になってきます。
信頼関係があれば犬は飼い主に従い、飼い主が「ダメ!」というと行動を止めるようになります。

問題行動→「ダメ!」→「止める」を繰り返していれば、自然と問題行動が減ってくるというのが躾や訓練と呼ばれるものです。
一度で覚えてしまう犬もいますし、何度やっても繰り返し問題行動をする犬もいます。
しかし、問題行動をしながらも飼い主の顔を覗くように観るワンちゃんは、行動しながらも「しまった!」と思っている証拠であり、もう一息で躾が完了すると考えられます。

子犬の頃に身に着く飼い主との信頼関係

家の中や敷地内のように自由に行動できる場所であっても、やってはいけないことを理解して、飼い主が困るようないたずらをしないように躾けておけば、ケージに閉じ込めたりリードでつないだりする必要がなくなります。
犬を可愛がっている人は、家の中ぐらいは閉じ込めたり、リードでつないだりして愛犬の自由を束縛しないようにしたいと考えるものです。
しかしながら、飼い主よりも本能が優先されると、吠えたり、噛んだり、あるいは家の中や庭にマーキングしたり、飼い主の食べ物を勝手に食べたり、と困った行動をとってしまうこともたくさんあります。
警察犬や盲導犬のように、本能よりも飼い主を優先するように躾けるためには、子犬の頃に培われる飼い主との信頼関係が大切になってきます。
警察犬が、怪しいと思う人に勝手に吠えたり咬みついたりするようでは困りますし、盲導犬が、好奇心旺盛で気になるものの方に勝手に近づくようなことがあってはいけません。

行動をコントロールできるように訓練された犬というのは、子犬の頃から飼い主との間の信頼関係を十分に構築されるように教育・学習しています。
そこまでは必要が無いにしても、愛犬も飼い主や周りの人のことを考えて行動するように躾や訓練をされているというのが理想的です。

子犬時代に飼い主=ボスということを理解させる

生まれてきてからの経験があまり無く、本能が中心となって行動している子犬は、基本的なことを躾けるのに適している時期です。
生きている期間に応じて経験が増加し、自分なりの常識を身に着けた成犬に悪癖があると、修正するための躾も余分に手がかかることになります。
成犬になってから問題行動が発生するのを予防するためにも、子犬の間の躾や訓練は大事であるというわけです。
二回目のワクチンが完了するまでの、家から出ることが出来ない時期や外への散歩が始まる時期に、行動のベースとなる飼い主=ボスであり指示に従うという基本行動を理解させていると、その後に起こる問題行動を修正する作業回数が減少することにつながります。

言い換えると、子犬時代の主従関係がしっかりしていると、一回で覚えてもらうというのは難しいにしても、問題行動を数回繰り返し修正するだけで躾けることが出来るようになります。

子犬時代の訓練は古典的条件付けを中心に

子犬の間の躾方法としては、古典的条件付けがお奨めです。
離乳している状態であってはご褒美におやつをあげることはできませんし、子犬の間に与える栄養はしっかりコントロールして肥り過ぎたりすることが無いようにしなくてはなりません。
歯も生えそろっているわけではなくあまり固いものを食べることも出来ませんので、いろんな意味でおやつは避けた方が良いと思います。
また、おやつを与えていうことを聞かせるオペラント条件付けの習慣がつくと、おやつを貰わなければいうことを聞かないということを覚えてしまう賢い子犬もいるかもしれません。
というわけで、アクションによって行動を制限する古典的条件付けが良いということになります。
初めての散歩に出る前は、トイレを失敗したりウンチを食べたりしたときには、叱り悲しそうな顔をするようにしましょう。

散歩に出かけるようになったら、愛犬が飼い主よりも前に出る、すなわち、自分が思うとおりに勝手に動こうとしたときにはリードを引いて動きを制限します。
出会った他人吠えたり走り寄ろうとしたりした時にも、リードを引いて動きを制するようにします。
そうすることで、飼い主が自分より格が上で、家族以外の人間や他の犬に対する攻撃性も抑えることが出来るようになります。

成犬のしつけはオペラント条件付けを中心に

生まれてから1年以上たち成犬の領域に入った愛犬は、ここに至るまでに様々な経験を積んでいます。
子犬の頃にしっかり躾けられていればよいのですが、困った癖が出てくる犬というのはそれが当たり前だと思っているので修正するのも大変です。
犬の躾は人間の子育てと似ているところがあります。
小さい時に甘やかせ過ぎると自我が強くなり、人の言うことを聞かない我が儘な性格になってしまうケースが多くなってしまうというわけです。
我が儘に育った者は、人間でも犬でも修正するには根気が必要になってきます。
そんな困った癖のある愛犬の躾では、指示に従うことで快い環境に変わるオペラント条件付きを利用した躾の方が有効である場合が多くなります。

ご褒美と罰は何を選ぶ?

オペラント条件付けではご褒美と罰が躾を印象付ける重要なファクターになってきますが、犬に対するご褒美と罰にもいろいろあります。
最もシンプルなご褒美はおやつが頭に浮かびますし、罰の方では叩いたり蹴ったりというイメージがあるかもしれません。

おやつをあげ過ぎることは肥満の原因になるかもしれませんし、本来食べるべき餌への食付きが悪くなるといケースもあるかもしれません。
罰にしても、もちろん加減はしているでしょうが、叩いたり蹴ったりするといった体罰系の罰は愛犬が反感を持つようになってしまっては逆効果です。
確かに、これらのご褒美や罰の効果は高いのかもしれませんが、犬にとってのご褒美と罰の種類はこれだけではありません。

ドッグフードおすすめ比較ランキング

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です