•   
  •   
  • 愛犬の無駄吠えは飼い主の躾で改善されます

愛犬の無駄吠えは飼い主の躾で改善されます

意味もなくやたらと吠える、あるいは、吠えてほしくないときに吼えることを「無駄吠え」と呼ばれますが、隣近所とのトラブルの原因になることもあります。

山の中の一軒家で犬を飼うのであれば問題ありませんが、住宅街で犬を飼うときには無駄吠えというのはトラブルの原因となります。

最近では犬を飼うことが出来るマンションもありますが、そのようなマンションは防音に対する配慮がされています。
しかしながら、いくら防音が施されていても壁を挟んで隣の家と直結しているマンションでは、無駄吠えは深刻な問題と言えるかもしれません。
家族の団欒や眠っている夜中など、時間帯によっては問題にならないという保証はありません。

無駄吠えで困るのは近所の人だけでなく飼い主にとっても悩みの種

犬を飼っていない近隣の家の方も犬の無駄吠えは迷惑と感じるかもしれませんが、無駄吠えをする犬を飼っている飼い主にとっても、隣の家でどのように聞こえているものなのかが分からないために悩み事の一つとなります。
むしろ愛犬がよく吠えるならば、お隣に配慮するくらいの気遣いのできる愛犬家であってほしいと思います。
無駄吠えでもない限り多少吠えるのは問題ないだろうというのは、犬を飼っている人の勝手な理屈です。
「赤ちゃんがようやく寝てくれたのに・・・」、「集中して仕事をしている最中なのに・・・」など、隣の家には隣の家の事情があり、犬が吠えることでそれを邪魔されて怒らない人はいません。
愛犬が吠えることによって近隣の犬が吠えだし犬の鳴き声の大合唱になったり、夜間にやたらと吠えるようなことが起こったりするとなると、「隣の犬がうるさい!」、「夜中に吠えるのを何とかしてほしい」といった苦情を直接飼い主に伝えたり、警察や市役所に通報したりする人もいます。

ご近所の人に出会った時には、「うちの子がいつもうるさく吠えて申し訳ありません」という一言を添えるだけでも、近所との付き合いが円滑になると共に、愛犬が嫌われることが無くなるかもしれません。

犬にとって吠えるという行為は人間の言葉と同じ!

犬の鳴き声を通訳するためのバウリンガルというアイテムやスマホのアプリが出ているくらいで、吠え方や鳴き声には様々な意味があります。
通常は、必要に応じて相手に意思を伝えるために、吠えるというわけです。
ところが、目的を達成しても吠えるのを止めないことが習慣化している犬も存在し、一般的にはそのような吠え方を「無駄吠え」と呼んでいます。

無駄吠えは何故起こる?

家のチャイムが鳴ったときには、家族以外の他人が来たことを飼い主に知らせるために吠えます。
雷や花火の音に反応して吠えるのは、犬にとって不快な音に対する恐怖心から吠えていますので、音が続く限り吠えています。
また、犬が構ってもらいたい、あるいは散歩に行きたいといった不満や要求があるときにも、満たされるまで吠え続けるということは良くあります。

さらに不審人物が近づいてきたり、散歩中の他の犬が通ったりしただけで、その気配が無くなるまで吠える犬もいます。
他にも、認知症を発症している高齢犬が意味もなく吠えている場合や、近隣の犬の声に呼応して吠えるようなケースもあります。

無駄吠えが多い犬種とは?

スピッツという犬種は良く吠える犬として知られていますが、無駄吠えが多いいくつかの犬種が報告されています。
ただしこれは一般論であり、基本的には個々の犬の性格に依存しており、無駄吠えが多いと言われる犬種であっても大人しい犬は無駄吠えが少ないということになります。
例えば、ダックスフントビーグルなどの狩猟犬と呼ばれる犬種は無駄吠えが多い犬種の群で、元来吠えるのが仕事のようなもので獲物を威嚇しながら追いかけまわす習性があります。
また、ヨークシャーテリアシュナウザーなどのテリア系の犬種は気性が荒く、他の犬を見つけたり、声が聞こえたりするとやたらと吠える無駄吠えの多い犬と言われています。

逆に、愛玩犬として品種改良されたトイプードルなどはあまり吠えないと言われていますが、実際のところは何処から見ても、無駄吠えしているようにしか見えないトイプードルを見かけることも多いような気がします。
無駄吠えに犬種の影響がないとは言いませんが、「弱い犬ほどよく吠える」と言われるように、飼い主の後ろに隠れながら吠える小型犬を見かけることが多いことからも、育て方と躾が大切であると考えられます。

参照元:犬のしつけ館 無駄吠えのしつけ 多い犬種と少ない犬種
http://犬のしつけ館.xyz/barking/kind.html

飼い主の躾や飼い方がポイント

番犬の意味合いもありますので犬が多少吠えるのは仕方がないのかもしれませんが、飼い主に異変を知らせる一声を低音量で吠える程度に訓練することは大切です。
犬が吠えるときには加減をするのが難しいことは言うまでもありませんが、TPOを読み取ることはより困難であると考えてください。
「犬は飼い主に似る」と言われることがありますが、犬は飼い主の行動を必死に観察しています。
何しろ、飼い主=群のボスですので、同じ行動をしていて間違いはありません
従って、飼い主が大きな声で怒鳴っているのを観察した犬は、大きな声を出しても良いというように考えるようです。
愛犬が失敗した時に怒って躾けるという方法がありますが、あまり大きな声で怒ることは避けた方が良さそうです。

また、多頭飼いしているようなお宅では、先輩犬は群の上位に位置していますので良い見本となります。
先輩犬があまり吠えない多頭飼いしているお宅では、全体的に吠える頻度は低くなるようです。
良く吠える犬を矯正するには、愛犬が吠える理由を良く考えて、日常的に対処しながら徐々に矯正していくことが大切です。
何を見ても珍しい子犬が良く吠えるように、犬は日常と異なる現象や人、あるいは音に対して敏感に反応します。
一声吠えた時点で飼い主が気付いたことを伝え、飼い主がアクションを起こすと鳴きやむケースもあります。
また、欲求不満が募ることが無いように、一緒に遊んだり構ってやったりすることも無駄吠え対策になります。

 

ドッグフードおすすめ比較ランキング

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です